2011年06月12日

日本頭巾ちゃん 前編


日本頭巾ちゃん 前編

日本頭巾ちゃんは今日もお花畑にお花を摘みに行きます。

大好きな民主おばあちゃんの体の具合が悪いので、お花を届けてあげたいのです。

お花畑の周りには怖い動物たちが潜んでいます。

チャイナ狼、かんハイエナ、ノースコリアン犬、森の影には露熊、空にはアメはげたか飛んでいます。

狼達が迫ってきてお花畑は小さくなるので、お花を探すのは大変なのですがやめることができません。

大好きなおばあちゃんから毎日頼まれるのです。

「日本ちゃんや、今日は腰が痛いから赤い花を摘んできておくれ」

「今日は頭が痛いから黄色とピンクのお花を摘んできておくれ」

その上、地震と津波でお花畑も大きな被害を受けました。

日本頭巾ちゃん「おばあちゃん、お花摘みをお休みして、お花畑をきれいに直してあげたいの。」

民主おばあちゃん「日本頭巾ちゃんのお花を見ることだけが楽しみなのに、もうどうやって生きていけばいいのかしら。なんて冷たいの、おばあちゃんは悲しい」

日本頭巾ちゃんは泣きそうになりながら「分かった、お花探しにいってくるわ」と行ってお花を摘みに行きました。


日本頭巾ちゃんは知りません。民主おばあちゃんがもらったお花をお部屋に飾りもせず、狼やハイエナ、犬達に売り飛ばしていることを。


お花畑の近くでは原発が爆発しました。放射能が漏れてきて鼻血が出たりします。

日本頭巾ちゃん「おばあちゃん、お花畑に行くと具合が悪くなるの。ちょっと休んでいいい?」

民主おばあちゃん「まあ、なんてひどい子なんでしょう。病気のおばあちゃんを見捨てるなんて、お花がないとおばあちゃんは死んでしまうわ」

おばあちゃんが大好きな日本頭巾ちゃんは、おばあちゃんが死んじゃったらと考えると悲しくなりました。

日本頭巾ちゃんは怖いのと疲れているのを我慢して、お花をつみにいきます。


狼達はもうすぐ後ろにいます。今にも食べられそうになっているのに、お花を摘むのに一生懸命な日本頭巾ちゃんはきがつきません。

日本頭巾ちゃんの運命やいかに
posted by sachi at 22:31| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

日本が世界の主導権をとることを恐れているのです。

政府が何故1から20マイクロシーベルトに変えたのか腑に落ちなかったのですが、分かりました。
日本が代替エネルギーを開発して、世界の主導権をとることを恐れているのです。

子供を思う親の気持ちを利用して、民主党は原子力発電の即時停止を狙っています。そうなれば、資源の無い日本はますます海外に頼らざるをえません。

しかし、核燃料を輸出している国が締め切りを設定すれば日本はものすごい勢いで代替エネルギーを開発するでしょう。日本はそのような国なのです。本気になれば何でも出来るのです。

もし日本が代替エネルギーを開発すれば、世界の主導権をとることが出来ます。どこの国にも頼らない自立した国になります。

そうなって困るのが、アメリカ、中国、韓国、それに石油産出国全てが日本が新しいエネルギーを開発してもらっては困るのです。利権がなくなるからです。

彼等は知っています。日本なら全く斬新なエネルギーを開発しかねないことをだから必死なのです。というか日本以外の国には無理でしょう。^^

もうすぐです。日本が本当に自立するときです。
世界の未来は日本にかかっています。
posted by sachi at 17:51| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

急募! ベビーシッター in Australia !!

私が日本語を教えている生徒さんがベビーシッターを募集しているのですが、避難所にいらっしゃる方で希望者はいらっしゃいませんか?

オーストラリアのダーウィンで、三歳と三ヶ月のお子さんを世話しているお母さんのお手伝いをしてくれる人を捜しています。約二ヶ月間、一日5時間で、週に五日。住み込みで食事も込みです。(おいしいです)それから、航空運賃は出してくれます。空いた時間は常夏のダーウィンでのんびりするも良し、私の募金活動、被災地支援の活動などを手伝ってくれてもかまいませんよ〜;) 興味のある方、または心当たりのある方は私までご連絡ください。常にお母さんは一緒に居ますので、子供達と取り残されるようなことはありません。

すぐにでも必要なので、パスポートをお持ちの方に限らせていただきます。それからもちろん子供好きの方!  お待ちしています。  2011年5月21日  sachi,Darwin, Australia
posted by sachi at 21:57| Comment(4) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

日本らしいデモをしましょう


日本らしいデモをしましょう。

他の国のように、怒鳴りながら紙を破ったり、血塗りでアピールしたりするようなデモは平和的な日本人には似合いません。

楽しそうに、歌いながらデモをしましょう。

「ふるさと」なんかどうですか?う〜さ〜ぎ〜追〜い〜し〜、かの山〜なんて


それから、「上を向いて歩こう」「赤とんぼ」「蛍の光」「仰げば尊し」などを歌いながら、日の丸を振って歩こう。

デモの主催者が用意するものは歌詞カード。

訴えるのは、「今の政府はおかしい!」
そうです!日本のよさを思い出しましょう!!
「日本はいい国です。日本を守ろう!!」

原発反対派にも参加してもらいます。日本を守るのが目的のデモですからね。

歌デモに参加しませんか?


しかし問題は日程です。いつにしようかな
posted by sachi at 18:42| Comment(1) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

Don't dump on the Territory

使用済み核燃料廃棄に反対するデモに行って来ました。テントで二泊三日、ダーウィンからテナントクリークまで950キロ、車で約14時間。運転出来る人が少なかったので、私もドライバーで、小型バスを運転しました。
核の問題だけでなく、人種問題、自然のことについて考えさせられた意義深い旅でした。ちょっと長くなりますが、学んだことを書いてみました。


このデモの目的は核廃棄物をノーザンテリトリーに廃棄することを阻止しようとするものです。オーストラリア人の中には、「砂漠の真ん中で、誰も住んでないんだから、良いんじゃないの?」と思う人もたくさんいます。けれど、そこにはアボリジニの人たちが暮らしているのです。アボリジニの土地に対する愛着は、日本人より強いと感じられました。日本人も西洋人に比べて土着しますが、「住めば都」という言葉があるように、自分が住んだところを大事にします。アボリジニの場合は、土地と一体なので、代替が利かないように思いました。説明しにくいのですが、自然と人間が一体なのです。

アボリジニは何万年とオーストラリアに生きてきました。それを約200年前に白人がやってきて、全てのっとられてしまいました。自分達の国であるのに、邪魔者扱いされています。ニュージーランドのマオリ族やアメリカの黒人どころの差別され方ではありません。彼らに人権はありません。

オーストラリアは彼らの土地に、お金と交換に核廃棄物を捨てようとしています。他に収入を得るすべの無い、土地の所有者は契約書にサインしようとしています。
日本の原子力発電所周辺に住んでいる人と同じです。目先の利益にとらわれて、大きなものを失おうとしています。私は、保証金と引き換えに健康を失っているのだと思っていましたが、実はそれ以上のものを引き換えにしていたことに気がつきました。土地をなくしてしまっているのです。アボリジニの方が「お金があっても、土地が無ければ人間は生きていけない。土地は皆のもの、大事にしなければならない」と訴えていました。


オーストラリア人が言っていましたが、「韓国人のデモはすごいらしい」といわれたので、「そりゃそうだよ、何の不思議も無い。彼等は常に文句を言っているから、プロですよ。」
日本人はもともと文句を言わないので、デモが得意なはずがありません。これに関しては韓国から学ぶべきかも?と思いました。

ドイツ人のデモは、一つの発電所からもう一つの発電所に6万人が手をつないで抗議したとか。すごいいいアイディアですね。ドイツ人いわく、原子力発電とまったけど、問題ないそうです。

そうそう、もう一人日本人の方がパースから参加していたのですが、出身を聞いたらなんと広島。私は長崎なので、何か意義深いものを感じました。

最後に、もう一つ。renewable (再生可能な)エネルギーを見つけ、軌道に乗せることが出来るのは日本しかないと思うのです。日本の場合は、他の国と違って本当に切羽詰っていますから。それに、なんたって日本はいつも最先端ですからね。

とりとめも無く書いてしまいましたが、いろいろなことがつながっているのだな〜と思ったしだいです。

posted by sachi at 22:16| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

各国が考える世界平和

アメリカは、すべての国が民主主義になれば、世界が平和になると思っています。

中国は、人類がすべて中国人になれば、世界が平和になると思っています。

フランスは、世界のものすべてが美しければ、世界が平和になると思っています。

ドイツは、世界が規律正しく、効率よければ、世界が平和になると思っています。

イタリアは、すべての人が恋をすれば、世界が平和になると思っています。

日本は、人々が他を思いやり、和の心を持てば、世界が平和になると思っています。



日本式のがいいと思うんだけどなぁ

;)
posted by sachi at 17:23| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

ANZAC DAY

オーストラリアのANZAC DAYの式典に行ってきました。
この日は、オーストラリアとニュージーランドが他国との戦争で無くなった人をとむらう日です。
それには第一次、第二次世界大戦、ベトナム戦争、すべての戦争を含みます。

日本でもいつか、日清戦争や、日露戦争、第一次世界大戦でなくなった方まで含めてみんなが気軽にお参り出来るようになれば良いですね。日本のを守る為に命をなくした人に感謝するのは当然だと思うのです。


そうそう、オーストラリアにいる日本人の中で「アンザックデーには日本人は外に出歩かないほうがいい」といううわさがあります。
そんなことはありません。
私は明らかに日本人とわかりますが、無事におまいりしてきましたよ ^^
DSC06382.JPG
DSC06386.JPG
DSC06389.JPG
posted by sachi at 09:29| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

まだ間に合います



ここ一ヶ月、政府が被災者支援の為に出した法案はひとつもありません。外国人の暮らしを良くする政策を作るのに手一杯だったのでしょう。
日本政府が震災関係で行ったのは、大量の委員会を作っただけのようです。いろいろ書いてありますが、読んでいると、何をしたのかがわからず、更に悪いことには、自分に出来ることは何も無いという結論に達することです。
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/siryou6_1.pdf

民間の情報のほうが、正確でかつ自分に何が出来るか考えさせられます
http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/ 

調べてみてください。今日本がどうなっているのか。
考えてください。日本の為に何が出来るのか。

日本は明治維新の時以上に危機的状況です。
地震に津波、外国人のための政権、収まらない原子力発電所、国民が一丸となって取り組まなければ乗り越えられないほどの瀬戸際なのです。
気づいてください。そして行動してください。
posted by sachi at 22:06| Comment(1) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

日本の責任

日本は放射能を垂れ流しています。
世界に多大な迷惑をかけています。
これは日本だけの問題ではないのです。
海も空も世界とつながっているのです。


日本政府がきちんと原子力発電所を管理していないのであれば、政
権を倒してください。
原子力に関しての知識が足りないのであれば、他の国に助けを求め
てください。

政府が、東電が放射能汚染をばら撒いているのではないのです。
日本が、世界中に迷惑をかけているのです。
日本人一人一人に責任があるのです。

何とかしましょう。
日本人らしく、責任を取りましょう。


2012年12月9日追記
この投稿が、私が左翼で日本を貶めるためにオーストラリアから策略を図る反日活動家であることの証拠として出回っているそうです。
確かに日本に厳しい内容です。私は海外に住んでいるため、当時日本に対して何もできないのがもどかしく何かしたいと思っていました。これほどの危機が迫っているにも関わらずなぜ日本人は政府に対して立ち上がらないのか?と心配し、いろいろな方法を試したうちのひとつが、”日本人の強い責任感に訴えてみよう”、です。もちろんこの試みはうまくいきませんでした。試行錯誤の上、日本を励まして、元気になってもらって、立ち上がってもらうのがいいだろうという結論に至りました。日本人は戦後の自虐歴史によって本当に弱ってしまったのだなと感じているところです。
北風と太陽、結局うまくいったのは太陽ですからね。褒めて元気にしましょう。

それからもう一つ、考えたこと。
私はこのブログのことで色々言う人がいることはずっと前から知っていました。けれど、放っておいたのは、言い訳が嫌いな性格と、「いつかわかってくれる人はわかってくれるだろう。」と思っていたのです。
しかし、今度私はオーストラリアでドキュメンタリーを作ることになりました。日本の誤解を解き、日本はいい国と理解してもらうためです。その私が、自分がめちゃめちゃ誤解されているのに、「色々言う人がいても気にしない〜、分かってくれる人はわかってくれるわっ」なんていっていちゃいかんだろうと。
ということで、まずは自分の誤解をとくように努力しなくっちゃ。それができればいい練習です。自分の誤解を解くよりも、日本の誤解を解く方がが何倍も大変です。日本なんてアピールが下手だし、自分を売り込まないから誤解されっぱなしですからね。頑張ろうっと。
posted by sachi at 00:44| Comment(1) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

日本を応援してくれています

フェイスブックフレンドでオーストリア出身のドリスさん(オーストラリアじゃないです、オーストリアです)が日本を応援するビデオを作ってくれました。

http://www.youtube.com/watch?v=jbZ9i7mHBVI
Please Help Japan ღ Bitte helfen Sie Japan

彼女とは、「ウィーンには桜があって、今は満開ですよ」という話をきっかけに友達になりました。
日本のことを心配して、何とか応援したいと思い、YOUTUBEにUPしてくれました。

良かったら見てください。
みんな助けたいのです。そしてたくさんの人が行動しているのです。
posted by sachi at 09:12| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。