2011年10月15日

オンライン辞書 英辞郎による洗脳動画

是非見てください。こうやって日本人を洗脳してきたんですね。

http://www.youtube.com/watch?v=eaTXuVTdJjQ
posted by sachi at 19:51| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

日本の日本たる所以

海外に住んでいると日本はすごい国だし、とても変わった国だと思うことがしばしば。「日本と他の国との一番の違いは?」「ここまで発展したのは何故?」と考えます。
出てきた答えが「他を思いやる心」 これが、全然違う。世界には、自分の利益にならない人は思いやらない、という国があります。またある国の人たちは、自分に余裕があるときは思いやりをみせますが、自分達が困っているときには、見捨てることが当然であり、それを恥じることもありません。それが文化であり、習慣であるのです。
かたや日本、自分が困っていても、いや困っているときこそ相手も困っているのだろうと考え思いやる(震災後の様子を見てください。外国人がびっくりしたのも当然でしょう)

その日本人の強の所以たる”思いやりの心”。日本を弱らせようと思っているライバル国の皆さんがこの強さの秘密に目をつけないわけがありません。欧米式の個人主義をもてはやすことによって、自分のことを第一に考えることがすばらしいように思わせられてきました。 その企みは残念ながら、徐々に成功しつつあります。日本人は、以前は見ず知らずの人のことまで思いやっていましたが、だんだん思いやりの範囲が、自分の好きな人、自分の家族、と小さくなってきました。
ここが踏ん張りどころです。どんどん狭められて思いやりの領域を、一気に広げませんか?そんな「自分のことだけ考える人間になるのはお断り!」とNoを突きつけましょう 外国人が自己保身を真っ先に考えているなか、日本人が世界中の人のことを考える。
やっぱり日本はどこか違うのです。この困難こそチャンスです、更に進化しましょう。
posted by sachi at 12:41| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英辞郎という辞書を使うと、、、

http://www.youtube.com/watch?v=4LLVBV-RLDw

是非ご覧ください。
画像が悪くて申し訳ない。もし画面をそのまま録画できる人がいたら、取り直していただけるとありがたいのですが、、、

しかし、とにかくこれは酷いです。たくさんの人にこうやって日本が虐げられてきたことを知ってもらいたいです。
posted by sachi at 12:37| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

日豪友好のいい話!

先日オーストラリアのABCニュースで流れた超良い話です。
豪退役軍人さんの荷物のなかに、日本軍兵隊のものと見られる日記が見つかりました。
それを見つけたLindy さんは、日本へ返してあげようと家族を探すのですがなかなか見つかりません。
二年たってやっと外務省から広島に住む娘さんが見つかったとのこと!
お嬢さん、ノブヒロ ユリエさんは当時2歳、お父さんの記憶はありません。
日記の中には戦局と共にユリエさんへの思いもつづられています。
ユリエさんは是非Lindyさんに直接あって御礼が言いたいとシドニーまで来られ感激の対面を果たしました。
http://www.abc.net.au/7.30/content/2011/s3322981.htm

感動します、是非見てください。しばらくするとリンクが切れますのでお早めに〜

Transcript
LEIGH SALES, PRESENTER: For 67 years a Japanese naval diary retrieved from a Second World War battlefield was lost among the belongings of an Australian war veteran from country New South Wales.

When his daughter-in-law, Lindy Glover, found the diary, she felt compelled to return it and started a two-year hunt for family members in Japan.

What happened next is extraordinary, as Natasha Johnson reports.

NATASHA JOHNSON, REPORTER: A bush retreat near the New South Wales town of Orange is a long way from the battlefields of World War II. But recently a relic of that conflict disturbed Lindy Glover's peaceful existence.

LINDY GLOVER: It became a very heavy responsibility. It was like a piece of history in your hand, like a piece of somebody's else life that you really had no right to have.

NATASHA JOHNSON: What she had was an exquisite Japanese naval diary, rich with writings, prints, and a world map with pen markings perhaps highlighting the theatre of war.

Lindy Glover's father-in-law, Alexander Glover, a soldier in the 2nd 3rd Pioneer Battalion brought the diary back from New Guinea, but how it came into his hands and what secrets were recorded on its pages had never been revealed.

LINDY GLOVER: It was not something that was ever on show. It was put away in a box, not mentioned, not talked about.

NATASHA JOHNSON: When Alexander Glover died in 1994, the diary was handed down to his son Gordon, Lindy's husband, who'd served in the RAAF.

Three years later, Gordon Glover died suddenly and a grief-stricken Lindy packed his things into a suitcase and stored them in the shed.

There the diary sat for a decade until 2008 and a chance encounter with someone who happened to mention a connection to the Australian War Memorial.

LINDY GLOVER: It was almost like the diary yelled at me. And I thought, "Oh, I must do something about that."

NATASHA JOHNSON: And so began her quest to send the diary home.

Through the War Memorial, Lindy Glover found researcher Keiko Tamura, who was then cataloguing Japanese war items in Australia. She was surprised to see such a well-preserved naval diary when so many went down with the ship.

KEIKO TAMURA, WAR RESEARCHER, ANU: It's just amazing because it's very rare for those diary to be kept outside Japan.

NATASHA JOHNSON: Keiko Tamura gave Lindy Glover a snippet of information.

LINDY GLOVER: And she was able to give me name, which was Shegegi Fukushina (phonetic spelling), the name of his battleship, the battleship Fuso.

NATASHA JOHNSON: The Fuso had been in the battle of midway before seeing action in the waters off PNG in late 1943.

Lindy Glover passed what she knew to the Japanese consulate in Sydney, which has a tracing program, but expectations were low.

MASAHIRO KOHARA, JAPANESE CONSUL-GENERAL: I think it's very difficult. Sometime it's depend upon luck.

NATASHA JOHNSON: So for two years, she waited and wondered.

LINDY GLOVER: Every time I went into that office, five times a day I would look at that little diary and think, you know, "You've gotta go somewhere. I hope you can go somewhere." And I'd take it down and I'd flip through pages and I would try to imagine who wrote it and what it was about.

NATASHA JOHNSON: Then in December last year, a phone call brought incredible news.

LINDY GLOVER: I was absolutely awestruck when the Japanese consulate told me they had found his daughter. And it was wonderful.

NATASHA JOHNSON: In the city of Hiroshima, Yurie Nobuhiro was stunned to hear a voice from the grave, 67 years after her father died. She was two years old and has no memory of him, left with just a photo and a lock of hair.

How did you feel the first time you touched it and first read it?

YURIE NOBUHIRO (voiceover translation): (Crying). Very happy to have the diary, but I was very sad at the same time. I felt my father didn't really wanna die.

NATASHA JOHNSON: She penned a heartfelt letter of gratitude to Lindy Glover, but after months of writing to each other, Yurie Nobuhiro wanted to personally thank the keeper of the diary.

Yurie Nobuhiro and her family flew to Sydney for an emotion-charged meeting with Lindy Glover and her family.

The lost diary's journey home has had a profound impact on both women.

YURIE NOBUHIRO (voiceover translation): I felt his soul really wanted to go back to me. I felt his determination that he really wanted to come back to me. I'm very grateful to Lindy.

LINDY GLOVER: I think there are so few times in life where you get to do something that makes your own soul sing, and that's exactly what it's done. It's made me feel wonderful, very joyous.

NATASHA JOHNSON: Amid the hugs, tears and an exchange of gifts, past hurts were healed.

YURIE NOBUHIRO (voiceover translation): My father must be pleased to see us meeting together today.

NATASHA JOHNSON: Lindy Glover had long wondered what was written in the diary's pages.

Yurie Nobuhiro revealed that her father had recorded happy family memories and his love for his wife and only child.

TRANSLATOR: He wrote in the diary that he thought about his daughter every day.

NATASHA JOHNSON: Belated comfort for Yurie Nohubiro, who's heartbroken mother died a few years after her father when she was just six years old.

She'd long believed her father died at sea, but he'd apparently travelled on another warship and landed in New Guinea in early 1943. On 26th March he wrote of a deadly air raid on his camp.

TRANSLATOR: The person who was next to him died, but he survived. He wrote, "We can't change our destinies."

NATASHA JOHNSON: That was the last entry in the diary. For Lindy Glover that date eased a fear that her father-in-law may have been directly involved in Shegegi Fukushina's (phonetic spelling) death. National archives records show Alex Glover didn't arrive in New Guinea until five months later. How he came across the diary remains a mystery.

In a poignant climax to this remarkable reconciliation, these new friends visited the War Memorial in Hyde Park. There they wrote the names of the servicemen who brought them together on stars that will be burnt and the ashes scattered by school children soon to visit the battlefields in Papua New Guinea.

They're in awe of the powerful meaning of a simple act of kindness.

LINDY GLOVER: I haven't brought world peace or anything big. I've done a really tiny, little thing, but it's brought a great deal of joy.

LEIGH SALES: What a lovely story. Natasha Johnson reporting.
posted by sachi at 22:35| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人洗脳マニュアル

「韓国ドラマに興味ないわ」、というだけでえらく非難される事があったので何か変!とおもっていたら、こんなマニュアルがあったのですね。気をつけましょう〜

工作員マニュアル(極秘)
A 貴方はすばらしいひとだ 博識で人格も高い。

B いえいえAさん、まだまだでございます

A あのような、悪口をいう人たちをどう思うか?

B はしたないと思います。あのようにはなりたくありません。

A やはり、貴方は見所がある。彼らとは違うと思っていた。

B ええ、あの人たちとは違います。

A 貴方は韓国ドラマは好きか?

B 見たことありません

A きちんとみて判断するべきです。そうでなければあの感情的排他的下等な人間達とおなじことではないか。

B 見てみます。

A どう思いましたか?

B あまり好きではありません。

A 貴方はやはりやつらと同類なのですね。嫌韓で目が曇って、韓国ドラマのいいところが見えないのです!

B もう一回見てみます。

A すばらしい!やっぱり貴方は心が広い。

B ストーリーが良いですね

A さすが、やっぱり貴方はお眼が高い。排他的感情的やつらとは違いますから当然です。さあ、あそこにCという

排他的感情的なやつがいますよ!韓国のドラマは好きじゃないといっています。

B 分かりました、韓国ドラマを勧めてきます

A 貴方は私に説得されて韓流のよさがわかったから排他的ではありませんが、Cは決して理解しません。排他的ですからね!

B → C 韓国ドラマ見てみろよ!このよさが分からないなんてお前心が狭いな!

C ほっとけ!韓流ごり押しすんなよ!

B → A やっぱりCは感情的排他的です。

A そうです、Cは感情的排他的です。愚民を戒めるのが貴方の役目です。
posted by sachi at 09:25| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

捕鯨の話をするのは大変

先日なぜかイギリス人、インド系オーストラリア人、純オーストラリア人と捕鯨の話になり大激論、いろいろと考えさせられました。
日本は捕鯨を400年も前から続けていたのに、西洋人が鯨の油を燃料として使いたいが為に乱獲して数が激減しました。
その責任の一端が自分達にもあるのをすっかり無視して、全ての責任を日本のせいにしている。
これって日本の戦争責任と同じことなのですね。

第二次世界大戦前まで西洋国家はアジア、アフリカを植民地化し、何百年も搾取し続けてきました。
ところが第二次世界大戦日本軍が侵略したと結果独立運動が活発になって、多くの国が植民地支配から抜け出しました。
ところが日本の数年間の占領にだけ焦点をあて、他国を搾取したと戦後も日本を責め続けています。
日本が諸悪の根源だったのでしょうか? 
西洋の植民地支配から目をそらすためのスケープゴートに使われていませんか? 
弁解や言い訳ではなく、議論が出来る国になるべきだと思います。
posted by sachi at 21:04| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

テレビの悪あがき

現在のテレビの言論統制って、もしかしてテレビの最後のあがきか​もしれませんね。
これからはインターネットが主流になるでしょう​。
自分の好きなときに動画も見れるし、意見交換も出来る。​
テレビは今の地位を持続するのは難しいので、棲み分けを考えなけ​ればならない。
けれど、テレビ業界の人たちは既得権益、つまり世​論を作る力をなくすのが怖いので、インターネットを攻撃しているのです。

昔、映画に音声が入れられるようになったとき、職を失いそうにな​った活動弁士が「俳優がしゃべるのを聞きたい人がいると​でも思っているのか?」と言ったという話を思い出します。
posted by sachi at 09:03| Comment(1) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

ハウスメイト

今ハウスメイトを探しているのですが、たくさんの人が家を見に来​てくれました。
その人の身なりや職業などを選ぶときの参考にする​のですが、それともう一つ重要なのが国籍。
オーストラリア人の友​達に「ルー〇ニア人ってどう?」と聞いたら皆声をそろえて「お勧​めしない」との事。
またチャイニーズの方達も一緒に住んだら苦労​するのは分かっているので、お断りしています。
南米、印度系の押​しの強いタイプの方達と一緒に住むと謙虚な日本人が一方的に譲歩​する形になるので、あまり好ましくありません。
ステレオタイプで​差別するのはよくありませんが、国籍によって行動や考え方が似通​っているのは事実ですからね、考慮に入れるべきだと思います。

かたや日本人、評判はというと、清潔、静か、礼儀正しい、家賃を​きちんと払う、配慮がある。 
お陰で家探しはいつも簡単でした。
​海外に住むと、自分が日本人であることを、より誇りに思いますね​!
posted by sachi at 08:00| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

姉妹都市

オーストラリアダーウィンが姉妹都市を探しています。候補地を色々考えていたんですが、実は私の故郷長崎との類似点がたくさんあることに気がつきました。
以下比較してみました。

長崎  異国情緒あふれる国際都市
Darwin 他民族で構成された異文化の共存する町(ダーウィン出身の人はめったに見ない、外国人および他州出身者ばかり)

長崎 原子力爆弾が落とされた。オーストラリアで広島は有名だが、長崎は忘れられている
Darwin、シドニーとともに日本軍から攻撃を受けた。しかしオーストラリア人の中にもダーウィンが攻撃されたことを知らない人がいるほど忘れられている

長崎  台風、長崎大水害、普賢岳噴火、自然災害が多い
Darwin サイクロン トレイシーで71名死亡(オーストラリアでは未曽有の大災害)

長崎 鎖国時代世界への港であった
Darwin 港都市、アジアへの入り口。

長崎 人口 400,000
Darwin 人口 100,000
国の人口の差は約6倍なので、国のサイズから考えると同等の大きさといえる。

長崎 長崎時間(東京出身の人は長崎はのんびりし過ぎていていらいらするらしい)
Darwin ダーウィンタイム(パーティに30分遅れていくと、招待主が外出していた。少なくとも一時間は遅れていかなければならない決まり♪)

長崎 温暖な気候「長崎は今日も雨だった〜」という歌があるほど、雨が多い
ダーウィン 熱帯地方、一年の半分は乾季、後は雨季

長崎の県民性 明るく開放的、新しもの好き、国際的
Darwin Easy-going楽天的、 relaxed のんびりしている
長崎の県民性を探していたら、こんなところを見つけました。なんか長崎って超良い県のような気がしてきましたよ〜 http://todohfuken.livedoor.biz/archives/cat_10017177.html 色々見てたら、性格は宮崎県人が一番近いかな?気候が似ているからでしょうね。

今回初めてこれだけ類似点があることに初めて気がつきました。どおりで私はすぐにダーウィンに溶け込んだわけです。納得です。
是非是非ご意見ください〜
posted by sachi at 19:28| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

日本頭巾ちゃん 後編

日本頭巾ちゃん 後編



日本頭巾ちゃんは気がつきます、今までお花畑がたくさんのお花を咲かせてみんなを楽しませてくれたことを。

「そうだ、もっとお花畑を大事にしなくっちゃ」

肥料をまき、害虫を駆除し、お花畑を守るためフェンスを作りました。

そうして、新しい種をまきました。

今度はお花だけじゃなくって、実のなる果物、野菜を植えました。

日本頭巾ちゃんの手入れが良かったので、野菜や果物を皆に分けてあげられるほどです。

一緒に畑を守る仲間も出来ました。



今日も日本頭巾ちゃんは、お友達と一緒に畑で一生懸命働いています。

お茶を飲んで一休みしながらのおしゃべりがとても楽しみです。

汗を流した後のご飯はおいしい。



続き

フェンスが出来て、もう日本頭巾ちゃんを襲えなくなった狼達は、民主おばあちゃんを食べてしまいました。

おしまい。
posted by sachi at 09:11| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。