2010年11月11日

日本人とイギリス人の違い - The difference between Japanese and English

日本とイギリスは島国で、ともに大陸に近くまあ似たような環境だと思います。でも、国民性はまるで反対だということに気がつきました。

イギリスは人口が増え、食料や土地が足りなくなって、植民地を求め全世界を開拓しました。一時期地球上のほぼ四分の一を植民地とし、今でもアメリカ、オーストラリア、カナダなどはイギリス人を祖先と持つ人が大多数を占めています。

それに比べて日本。同じように人口の過密に苦しみました。さて、困った日本、どうしたかというと、小さな家に住むことにしました。そしてすべてのものを小さくして、スペースを余すことなく使うことで解決しました。

自分たちで何とかしようとする内向きの日本の解決策と、外に解決策を求めるイギリスの違いに、国民性の違いがでてるなぁと思います。

Japan and England, both are small countries, and located near continents. It seems like they have similarities, but the nationality is quite different.


In England, due to the increase of population, they decided to explore, wanting for colonies. At one time, England colonized almost one forth of the land on earth! Still now, in America, Australia, Canada there are so many descendant of English.

On the other hand, Japan had shortage of space. So they decided to make their houses small. Beyond that, they learn how to use space efficiently. That's why all Japanese cars are small but cost effective, and has much space ;)

Japanese tried to solve their problem by themselves, in other words, they looked for the answer internally, but English found the answer outside.

It is very interesting to know the difference of two countries.
posted by sachi at 21:44| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

鼻を啜る − Sniff or blow?

日本では人前で鼻をかむことははしたないことだといわれてきましたが、鼻を啜ることは別に問題にされません。逆に西洋では鼻を啜ると嫌われますが、鼻をかむのはどんなに思いっきりやってもOKです。

まるっきり逆の習慣で、いったいどうして?と思っていましたが、先日知人から「そのウィルスまみれのちり紙どうするつもり?」ときかれたときになぞが解けました!

日本では鼻をかむことはウィルスを撒き散らすこと、つまり人の迷惑になることなので、人前で鼻はかんじゃいけないのです。
西洋では、鼻水はウィルスがいっぱいなので、それを飲み込むことは風邪と戦っている体をさらに弱めることになるので、鼻水は外に出すように子供のころから教えられているのです。

周りに気を使うか、自分の体を先に気遣うかの違いによって、マナーも変わってくるんですね。
私は両方のいいところを取り入れて、ひっそり鼻をかむことにしました。やっぱり自分の風邪がひどくなると、さらに菌を撒き散らすことになるので、体を治すことが先決ですからね。もちろん鼻紙はきっちり処理するようにしますっ。

In Japan it is accepted to sniff, but blow your nose in front of people is considered to be a bad manner. However in western countries, sniffing nose is hated, but it doesn't matter how much big sound you make when you blow nose.

I was very curious. Why these customs are completely opposite. But when my housemate asked me how I was going to do with the tissue with full of virus, all the mystery was solved!

Japanese concern about other people first, so blowing nose is scattering virus, which is totally unacceptable. But it is Ok to do if you are alone.
On the other hand, in Western country they concern their health first, so swallowing running nose is to reinforce the virus by additional virus. The body is fighting with the virus, so all remains with virus should be discharged.

The manner is completely different depends on what is the priority in their countries.
I decided to adopt good sides of both customs. I will blow nose very quietly and be careful to handle tissue. I think it is a good idea ;)

If you have any comment or question, please feel free to write below.




posted by sachi at 22:46| Comment(1) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

日本人のマナー - Getting closer to Japan!


日本に帰るとき飛行機の乗換えがあるんですが、ビジネスクラスがきれいになってくると、
ああ日本に近づいてきたなあ
と実感します。

どういうことかというと、私はいつもエコノミーなので、ファーストクラスやビジネスクラスの後に降りることになります。
そのとき座席の間を通るのですが、たとえばオーストラリアーシンガポール間のファーストクラスは、毛布は乱雑に広げられて、新聞は床に投げ捨てられ、なんだか雑然としています。
それが、日本到着便となると、毛布は軽く折りたたまれ、新聞や雑誌はすでにフライトアテンダントに返されているので、すっきり。
通路を歩いていてもなんとなくすがすがしい気持ちになって、
ああ日本に帰ってきたなあ、
と最初に感じる瞬間です。


日本人のマナーの良さは世界一!


感想や質問などありましたらどうぞ自由に書き込んでくださいね。


When I go back to Japan, I notice there is an strong connection between the distance to Japan and the cleanses of the seats.
Let me explain, I always use economy class, so I have to wait until all passengers in first class and business class leave the airplane. When I took the flight from Australia to Singapore, I saw many blankets were scattered, there were newspapers on the floor, it was so messy. However the flight among Japanese cities, most of blankets are folded and newspapers and magazines are returned to flight attendant already, so it was reasonably clean. It is because almost all passengers are Japanese. I love to walk the aisles, and feel 'oh I'm back in Japan!'
I believe Japanese have such a good manner. I'm so proud of it!

If you have any comment, please feel free to write below.
posted by sachi at 22:26| Comment(2) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

英語が話せなくてよかった - I'm glad that I couldn't speak English



私はオーストラリアの大学院を出て、会計の仕事をしています。もちろん勉強も仕事でも英語ではそれはそれは苦労しています。特に大学でレポートを書くときは大変。資料は全部英語で読まなくっちゃいけないし、法律の課題のレポートなんて日本語でだって苦労するのに、英語で書くのは5倍くらい時間がかかりますから。
そんなときは、インド人やフィリピン人など、英語がほぼネイティブ並みに話せる人をうらやんだりしましたが、でもあるとき、英語が話せないことは誇るべきことだということに気がつきました。

どうして多くの国の人が英語が流暢に話せるのかと言うと、植民地時代の名残で、当時高等教育が英語で行われたからだそうです。そのような国では、植民地支配が終わっても、すでに自国の言葉で高等教育が受けられなくなってしまったのです。英語の読み書きができなければ進学することもできないなんて、これは良く考えてみると、貴方の言葉では高尚な事は伝えることはできませんと毎日けなされているようなものだと思います。

私の友達のフィリピン人は、学校では英語以外の言葉で会話することを禁止されていたそうです。英会話学校に行っているのならいざ知らず、普通に小学校にいって自分の国の言葉で話したら先生に怒られるなんて、悲しいことだ思いませんか?


というわけで、私は日本語で高等教育が受けられたことに心の底から感謝しています。有名な本はほとんど日本語に訳されるから、英語だけじゃなくて、フランス語も中国語でも、どこの国の本も読めますしね。それから、大学で統計学の授業をうけたとき、ちんぷんかんぷんだったのでGOOGLEで探してみたら、私の求めていた情報をきれいにわかりやすくまとめてくれた日本語のサイトがあって、随分助かりました。どこのどなたか知りませんが、さすが日本人!

日本語はすばらしい。今は私は英語は話せますが、子供のころから学んだ人にはかないません。でもそれでいいと思っています、私の母国語は日本語ですから。英語が流暢に話せなくって本当によかった!


感想などありましたら、自由に書き込んでください。


To study at a university in Australia, I went to language school. Now I finished my degree, and work in Australia. As you can see, my English isn't perfect. It is not easy for me to live and work in English speaking country.

When I was a student, I struggled to write reports, especially Law subject. I don’t want to write again even in Japanese! At that time, I envied Indians or Filipino, because they can speak English fluently. But I realized that I was lucky that I couldn’t speak English.

They speak English like native speakers because they had to. During colonization, they were forced to speak in English, and after they become independent, higher education was taught by English. So in their countries, if they cannot speak English, they cannot go to an university. It is sad because as if it is imprinting that your language is not academic enough to teach higher education.

One of my friend from the Philippine was not allowed to speak Tagalog in her primary school. It is not a language school in another country, they go to a local school to study in their own country. I assume it would be sad to be prohibited to speak their own language.

Now I appreciate that I had education in Japanese. Most of famous books are translated into Japanese, so I can read not only English, but also Chinese, France, so on. When I learn statistics at university, I couldn't understand what they are talking about, so I Googled and found the web page which has all information I needed. The web site was very simple but easy to read, perfectly organized. No wonder, it was written by a Japanese!

Now I can speak English but not perfect. It is Ok, because my native tongue is Japanese. I'm so proud that I couldn't speak English.





posted by sachi at 21:36| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

日本は未来的らしい - Japan is futuristic?

日本に行ったことがある人が、ちょっと未来旅行をしたような気になると行っていました。どうしてそう感じたのかというと、空港についてトイレに行くまで一切手を使わなかったかららしいです。そういわれてみれば、ほとんどが自動ドアですし、トイレの手洗いも自動センサーになっていたり、確かに映画で見るところの未来のイメージにかなり近いし、なるほど納得。

かたやオーストラリアではいろんなものがいまだに手動です。その上、ドアが重いこと重いこと。手だけでは開けられないので肩を使ってドアを押す癖がついてしまいました。このまま日本に帰ったら、ついうっかり、自動ドアに向かってタックルしそうで怖いです。ああ日本の進化についていけるかしら、、、

One of my friends visited Japan, and he said he felt like he was in the future. The reason was that he went to the toilet in the airport, and realized that he didn't need to use hand at all. Everything was automatic. Yes it is true, the life in Japan is quite similar to the future image in scientific movies.

In Australia, on the other hand, many things are manual. Besides, all the doors are so heavy that I have to use the shoulder to open the doors. I just worry if I go back to Japan, I might throw myself to the automatic door. I'm afraid if I catch up with Japanese technology...
posted by sachi at 23:12| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

日本の接客はすばらしい - I though it was normal.

日本に行っていた友達が帰ってきて、「日本ではお金は両手で渡すんだ!」と驚いて報告してきました。「当たり前じゃない」と言ったら、「当たり前じゃないよ」と言われました。うん、確かに。他の国ではみんな片手です。
でも最近シンガポールでも両手で渡すようになったみたいです。3年前に行った時はそんな習慣は無かったので、日本をコピーしてるのかな?まあでも、受け取るほうも気持ちがいいので、日本の良い習慣がいろんな国で広まったら良いですね。

One of my friends who visited Japan told me "In Japan, people use both hands to give and receive money" so I said "Of Course!" He said "Not of course in other countries"
Yes, that's true, maybe only in Japan.

But these days in Singapore I saw some people use both hands when I bought at shops. When I visited there three years ago, they didn't have such that custom. Maybe they are copying Japanese. It's a good custom. Customers feel better, so I hope it becomes common practice in many countries :)
posted by sachi at 23:09| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

日本人は人気者 - Japanese is popular

日本人で得することは多々ありますが、特に‘ああ日本人でよかったー’と思ったのが永住権を申請したとき。
準備する書類は他の国の人と同じで色々と大変なんですが、処理のスピードが違う。かなり早くて三ヶ月、大学のクラスメートの中には約二年待ってる人もいるというのに、私の場合は二ヵ月半でもらえました。誰に話しても「すごいね、めちゃめちゃ早い」といわれますが、二言目には「まあ、日本人で会計士だからね、いい人材だ!はい永住権どうぞって感じじゃない」といわれます。
多くの西洋人にとっては日本人は他の国と大して変わりないと思われていますが、多国籍の人とかかわる職業の人、たとえば移民局や旅行業界、語学学校などでは日本人の評判はものすごく良いです。実際接してみると、日本人の礼儀正しさや正直さ、他人を思いやる心が目立つんでしょうね。
というわけで、日本人は外国でも引く手あまたです。

Since I came to Australia, I feel I am very lucky to be Japanese so many times! Especially when I applied permanent residency, I am so glad that I was born in Japan. Of course I had to prepare all documents and pass the points test same as others, but the speed of processing varies depending on the nationalities. I've been told it will take three month at the earliest, and I know some of my classmates were waiting for nearly 2 years. However in my case, it took two and a half month! It was so quick, and everyone said 'Japanese and accountant, such a good combination. Immigration wants you ;)
For most of Westerners, there is not much difference between Japanese and other countries people, but people who works for hospitality industry, immigration, or language school, they have direct contact with Japanese, and I've been told that they are quite impressed by our politeness, honesty, and diligence. That's why Japanese especially Japanese workers are so popular in any countries.
I am so happy to be Japanese, and hope many other Japanese goes overseas and experience the same feeling and appreciate to be Japanese :)
posted by sachi at 20:22| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

はじめまして - I love Japan

はじめまして、happy-childです。
このブログに興味を持ってくれてありがとうございます。
オーストラリアにきてもうすぐ五年になりますが、実は日本がいい国だということに気づくのに数年かかりました。これも日本人の謙虚な心のおかげなんでしょうね。でも、オーストラリアで褒めることの大切さを学んだので、その経験を活かして日本のことをほめまくろうと思います。
たとえば、治安がいい、食べ物がおいしい、礼儀正しい、正直、謙虚、勤勉、清潔、時間に正確、技術が発展している、センスが良い、電気製品を作らせたら世界一、などまあ色々ありますが、なんといっても日本人の一番良いところは他人を思いやる気持ちでしょう。
私はもっと日本人が日本に誇りを持ってほしいと思います。日本は自信を持つべきです。そうすればもっと意見を主張することができて、他国と対等に渡り合えると思います。
私は日本人であるために、得をすることも多いですし、いろんな国の人から日本について好意的なコメントをもらいます。私一人で独り占めするのはもったいないので、皆さんと共有して、日本人であることに誇りを持ってもらえたらと思います。

何か意見や質問がありましたら、どうぞ書き込んでください。




Hello,
Thank you for reading my Blog.
I live in Australia for nearly 5 years. It took for a few years to realize that Japan is a good country. For non Japanese, it would be hard to believe, but I used to think all other countries hates Japan. Honestly I believed that there was nothing special in Japan, just a little bit rich country and strange, that's it. I am sure that many Japanese have same idea about our country.
But now I realized that Japan is a good country, we are quite popular and also special. I would like to say everyone what a good country Japan is. But this is totally unacceptable in our culture, because we must be modest all the time. We are taught not to say good thing about myself, my family, and my country. But now I live in Australia and learn how important to be positive to myself. So in this blog, I am going to say all good thing about Japan!
I can see that Japan is losing shine due to the lack of confidence. The suicidal rate is getting higher and higher. So I decided to do something I can do. I hope it will help all Japanese to proud of our country.


Please feel free to write your comments or questions. I will try to answer as much as I can.
cheers,


posted by sachi at 21:54| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。