2011年03月24日

調べてください

オーストラリア政府と、ノーザンテリトリー、南オーストラリア環境庁とに、福島原子力発電所の被災後の処理が適切だったかどうか、調べてくれるよう依頼するメールを出しました。
オーストラリアでは、自国が売ったウラニウムが元で被爆する人が出たことで、原発の是非を論じる動きがあります。その前に、まず原子力保安庁、東京電力の処理が適切であったのか、それとも津波の被害が大きすぎて防ぎきれない天災であったのかを調べてほしいとお願いしました。
きっと調べてくれると思います。


I would like to thank Australian people who are concerned about the disastrous situation in Japan.
I also appreciate that Australia feels responsible for this disaster because Australia sold the Uranium to Japan.
I've heard Australia is questioning the safety of nuclear power generation system due to this disaster.

Before you make a decision, I would like to ask you to investigate the Nuclear and Industrial Safety Agency or Tokyo Electric Power Company (TEPCO) if they have done all possible measures to prevent this disaster, especially the first couple of days of emergency measures.

If it is solely done by the earthquake and Tsunami, it is time to consider the safety of nuclear power stations, but if there is misconduct of the emergency measure, bungled handling, or defective building, it can be prevented by choosing the buyer carefully.

This investigation will make Australia sell the radioactive material only to trustworthy countries or organizations in the future, and it will enhance the safety of nuclear power stations in the world.

Australia sold the uranium to Japan, so please investigate how it is used. If it was impossible to prevent because the size of natural disaster is huge, or is there any misconduct handling with the Uranium from Australia.

Thank you for your concern, and I would thank Australian people on behalf of Japanese

Best regards,
posted by sachi at 09:50| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

おにぎり募金活動 Onigiri Fundraising

4月2日、3日、オーストラリアダーウィンで募金活動をします。
主催は Darwin Youth for Japanese Disaster Relief、今回の日本の災害のために作られた団体ですよ。大学だけでなく、地域や、地元のレストランなど多くの人が協力してくれます。

ショッピングセンターとマーケットにて開催します。
私達がお米をたき、オーストラリア人におにぎりの作り方を教え一緒に食べてもらい、災害者の気持ちを共感してもらい、ついでに募金も ^^

お金をいただくのですから、おにぎりだけではなく、日本の持つ災害時に生き延びる方法を外国人にも教えてあげたいと思います。

災害にあったら
1、他人を思いやる
2、文句を言わない
3、出来ることをさがし、全力でそれをやる
4、米を炊いて おにぎりを作る
これさえ守れば、あなたも生き残れます!


日本人には当たり前のことですが、外国人にはとても新鮮な考えのようですね。
だから、日本の被災地の様子をみて、みんなが落ち着いていることに驚いているのです。

たくさんの人が来てくれると思います。
お金とそして、ダーウィンから応援の心を届けます。
日本の皆さん、がんばってください。私もがんばりますよ!!

On 3rd April, Darwin Youth for Japanese Disaster Relief is going to hold fund raising at Rapid Creek Market.

We cook rice and teach how to make Onigiri (rice ball)

We also proved the tips how to survive in disastrous situation, because Japan has so many disaster experience such as earthquake, tsunami, volcano, typhoon, flood so on.


The things you have to do is
1. Help others
2. Don't complain
3. Find something you can do
4. Cook rice and make Onigiri

If you follow these 4 steps, you can survive in any situation ;)

posted by sachi at 10:20| Comment(1) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

a message

みんな日本を応援しています

The horrifying and devastating catastrophe was unimaginable. Never in my life have I seen such a magnitude of destruction and I lived through the 1989 earthquake in San Francisco. That was nothing compared to what has happened to my country of birth. My heart cries for the loss. I pray for everyone's strength and a quick recovery for the miraculous land of the rising sun.


アメリカ人
信じられないほど恐ろしい、未曾有の悲劇だ。1989年のサンフランシスコ地震を生き延びた私でも、考えられないほどの壊滅的な地震だ。私の国におきたこととは比べ物にならない。なくなった方を思い、私の心が泣いています。私は、日の昇る奇跡の国の、人々の強さと、すばやい回復のために祈ります。

http://www.facebook.com/event.php?eid=178291302216962
posted by sachi at 21:09| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

桜前線

FACEBOOKの次のイベント企画しました。

桜前線情報を外国人向けに提供しましょう。
オーストラリア人の友人の友人が日本へ桜を見に行くそうです。
4月だそうです。(もしかして遅くないですか?)

と言うように、日本の桜はとても有名です。
桜見たかったんだけど、時期がずれてて見れなかったんだよね〜という声も聞きます。

そんな迷える外国人に情報を提供しませんか?

桜前線 Sakura Front Line サクラ フロント ライン!! をテレビのニュースでまじめに流していることを話したら、外国人にめちゃめちゃ受けます。
そんな発想、日本だけ! おっかしい〜!!だそうです。

日本がテクノロジーとエコノミーだけではない、本当は愉快な国であることを世界に知ってもらいましょう〜
そして外国人観光客に花見を楽しんでもらい、日本に来れない日本ファンには写真で楽しんでもらいましょう。

参加したい方はこちらまで〜
http://www.facebook.com/event.php?eid=115856661825818
posted by sachi at 15:51| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

日本兵の慰霊

オーストラリアの全国ニュースで流れました。
日本が目を覚まし、自尊心を取り戻し、言うべきことをきちんと言える国になるきっかけになればと思います。

It was broadcasted in Australia ABC nation wide.

http://www.abc.net.au/news/video/2011/03/02/3153526.htm
posted by sachi at 08:51| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

オーストラリアの記事

ノーザンテリトリー戦争記念館代表は第二次大戦中ダーウィン爆撃で戦死した日本兵も公式に戦争記念式で追悼されるべきであるとする考えを支持した。
少なくともオーストラリア人242人が、パールハーバー司令官指揮による1942、1943年のダーウィン爆撃で死亡している。

史家は正確な日本兵の死亡数は分からないとしているが、ダーウィン港外の潜水艦撃沈により80人ほどではないかと予想する。

ダーウィン在住の日本人女性 平山サチさん は日本兵戦死者も公式に追悼されるよう請願している。
「戦争に参加した全ての人々が戦争の犠牲者です。だから私は、敵味方の区別無くどちらにも追悼の花束を掲げたい。」
「多くの日本人が私の参加する式典を見る事により、“過去の事は過去、史実は同じ過ちを繰りさない為に学び、友好の足枷になってはならない”とするオーストラリア人の考え方を知る事ができます。」
と彼女は主張する。

戦争記念館館長のトム ルイス博士はその意見に全面的に同意する。
「それはすべらしい考えだ。日本兵も当然追悼されるべきだ。戦争はもう70年も前の話で多くのわだかまりは既になくなっている」
「しかし、まだ生存中の戦争経験者の中には不快に思うものがおり、式典に参加したくないと思うかもしれない。その気持ちは理解できるが、我々一般人にとってはもう潮時だ」
「日本兵の戦死は日本においてさえ適切に追悼されていない」
とルイス氏は国のために戦って死んだのにないがしろにされている日本人戦死者への同情も寄せている。

ノーザンテリトリーRSL(RETURNED SOLDIERS LEAGUE)(退役軍人連盟)副会長のドン ミルフォード氏は、
「若いメンバーには多分何の問題もないだろう。しかし年配のメンバーの気持ちを考慮し話し合う必要がある」
と慎重なコメント。

ポール ヘンダーソン代表は、
「日本側が先にダーウィンで公式謝罪されたことは非常に意義深いものであった。
そのメッセージは深く胸に響き、心を打つものであった。
この件、日本側領事と前向きに話し合いたい」
とコメントしている。

記事本文
Push to recognise Japan WWII soldiers in Darwin
Wed Mar 2, 2011
The head of the Northern Territory's war museum is backing a push to have Japanese soldiers officially remembered in the commemorations of the World War II bombing of Darwin.
At least 242 people died in Japanese raids on Darwin in 1942 and 1943, led by the same commander who attacked Pearl Harbour.
Historians still are not sure exactly how many Japanese personnel were killed, but 80 are thought to have gone down in a Japanese submarine destroyed just outside Darwin Harbour.
Japanese woman Sachi Hirayama lives in Darwin and is requesting her country's war dead also be officially remembered.
"All people who fought the war are victims of war, and that's why I wanted to give flowers for both people," Ms Hirayama said.
"I want Japanese people see the ceremony I joined and I want them to learn that Australian people's attitude ... like the past is the past, learn from experience and let's move on."
The director of Darwin's war museum, Dr Tom Lewis, agrees.
"I think it's a tremendous idea, of course they should be remembered," he said.
"I think it's now 70 years since they were here and a lot of the acrimony has gone.
"But I understand soldiers who are still alive on our side and on their side for that matter may feel bitter, and they may not want to participate, but I think for the rest of us we think it is about time."
He says the soldiers' deaths are not properly remembered, even in Japan.
The RSL says the proposal may offend some veterans.
"We'd have to speak to those people and get their feelings," senior vice president of the Territory's RSL branch, Don Milford, said.
"I believe the younger members probably wouldn't have that much of an issue with it.
"But of course before we could do anything, consultation with our more senior members would have to be undertaken."
Chief Minister Paul Henderson says he would consider a proposal to officially remember Japanese soldiers in the commemorations of the bombing of Darwin.

"I think it was a very significant signal from the Japanese to make that formal apology here in Darwin for the first time," he said.
"It was certainly something significant and it was deeply moving and deeply touching, so I'm happy to talk to the Japanese Consul about that."

Sachi Hirayama at the 2011 bombing of Darwin ceremony.
posted by sachi at 12:43| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

ダーウィンからのニュースです

私のダーウィン空爆式典への参加がニュースになりました。

http://www.abc.net.au/news/stories/2011/03/02/3152453.htm...

ここのボックスに上のページのアドレスをコピーすれば全訳されます。
http://translate.google.com.au/#

ダーウィンを爆撃して亡くなった日本兵も正式に慰霊すべきと主張したことになっています。いやいや、そこまで求めてはいないんですけどね。ただ仲間に入れてほしかっただけなんですけど、、、、

でもまあ、いいです。Chief minister(ノーザンテリトリー州のトップ)が、考えてみてくれるそうですから! :)オーストラリアが慰霊してくれたらこんなに嬉しいことはありません。だって、日本では戦死した人のことなんか忘れ去られてますからね。。。

あれよあれよという間にすごいことになってきました。
posted by sachi at 11:46| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

もうすぐひな祭り  HinaMatsuri (Girls Festival)

ひなまつり.jpegFACEBOOKで、ひな祭りを開催します。

皆さん、「ひな祭り」を楽しみましょう!
日本では、3月3日は「ひな祭り」です。
「おひな祭り」女の子のお祭りです。ひな祭りの王道はお雛様をかざり、よそ行きの着物を着て、ちらし寿司やひなあられを食べ、甘酒をいただく。などなどですが、楽しけりゃ何だってかまいません。
女性であれば誰でも参加自由、男の方は、どなたでもご招待いたします。
こんなに楽しい「ひな祭り」、日本人だけでこっそり楽しむのはもったいない!世界中に楽しい「ひな祭り」を広めて、世界中の人と女の子に生まれた幸せを共有いたしましょう!

FACEBOOK アカウントをお持ちの方は是非ご参加ください〜

http://www.facebook.com/?ref=home#!/event.php?eid=141947792534610


Hi everyone who loves Japan, why don't you join our Hinamatsuri party - Girls festival! Let's see beautiful Japanese dolls, make pretty sushi cakes, and sing a Hinamatsuri song! Please visit our event page to find out how to make Origami dolls :)
If you have facebook account, please visit our event.
http://www.facebook.com/?ref=home#!/event.php?eid=141947792534610

Looking forward to seeing you!


posted by sachi at 14:21| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

ダーウィン - DARWIN

本日、ダーウィンの日本軍爆撃祈念式典に参加します。

1942年2月19日、日本軍は、オーストラリア北部ダーウィンを爆撃しました。日本軍による襲撃は64回、243名の方が亡くなりました。
私は、オーストラリアの犠牲者の方に花輪を備えたいと思います。そして、また、ここダーウィンでなくなった日本兵にもお花を供えたいと思います。
なぜなら、彼らは私の国では忘れられているからです。

最初、私が出席したら不快な思いをするオーストラリア人がいるのではと思い、たくさんの人に聞いてみましたが、みんな一様に「それは良い考えだ!」と言ってくれました。

私はとてもオーストラリア人に感謝します、そして海の中にいる日本の兵士も感謝していることでしょう。

Today I am going to attend the Bombing of Darwin commemoration ceremony.

On 19th February 1942, the Japanese air raided Darwin. Japan bombed Darwin 64 times and 243 people were killed here.
I would like to place a wreath for Australian victims, but also I would like to give flowers to Japanese soldiers who died in Darwin, because they are forgotten in my country.

At first I worried that my attendance might upset Australian people, so I asked many Australians and they said
"Oh that's a great idea!"
I appreciate Australian people and so do Japanese solders who are still under the water.
posted by sachi at 07:53| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

けちなわけじゃないのよ

大学院で勉強していたとき、インド人が自分の友人のためにレポートを書いているのを見て驚きました。

レポートを、自分の分と他人の分を、二つも書くのは大変なので、友達思いなのでしょうが、私から見ると全然その友人のためにならない!
「彼が卒業した後、困るのではないの?」と聞くと、
「彼は忙しいし、他の科目もとっているし、この課題を理解するのは難しいし」
という答えでした。

そういえば思い当たることがありました。
別の機会にアジア人とと勉強していたとき、とにかく答えを知りたがるのです。
私は、答えを教えてしまっては本人のためにならない、と思い
解き方や調べ方、果てはその問題を解くために必要になる理論などを説明しようとするのですが、どうも最初はけちだと思うようです。

まあ、最終的には私の態度から、答えを教えるのを出し渋っているのではないのをわかってくれるのですけどね。
だって、答えを教えたほうが何倍も簡単ですから。

“人を豊かにするには魚を釣ってあげるよりも、魚の釣り方を教えよ”
という言葉がありますが、日本以外でこのような長期的なものの味方をする国はアジアにはあまり無いように思います。

私の勉強の仕方は多くのアジア人にとって目新しいものだったと思います。
日本的な考え方に触れた私の友人達が、これこそが日本が世界的に突出して発展してきた理由だということに気がついてくれればいいなぁと思っています。

ちょっとした国際交流ですね。
これからも日本のよさを世界に伝えて行きますよ〜。

posted by sachi at 07:39| Comment(2) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。