2014年08月04日

オーストラリアで追悼される日本人戦没者

保存用ブログです。

オーストラリアで追悼される日本人戦没者
2011-03-04 22:45:09
テーマ:ダーウィン空爆
私の、ダーウィン空爆式典参加がニュースに取り上げられました。

http://www.abc.net.au/news/stories/2011/03/02/3152453.htm...

ノーザンテリトリー戦争記念館代表は第二次大戦中ダーウィン爆撃で戦死した日本兵も公式に戦争記念式で追悼されるべきであるとする考えを支持した。
少なくともオーストラリア人242人が、パールハーバー司令官指揮による1942、1943年のダーウィン爆撃で死亡している。

史家は正確な日本兵の死亡数は分からないとしているが、ダーウィン港外の潜水艦撃沈により80人ほどではないかと予想する。

ダーウィン在住の日本人女性 平山サチさん は日本兵戦死者も公式に追悼されるよう請願している。
「戦争に参加した全ての人々が戦争の犠牲者です。だから私は、敵味方の区別無くどちらにも追悼の花束を掲げたい。」
「多くの日本人が私の参加する式典を見る事により、“過去の事は過去、史実は同じ過ちを繰りさない為に学び、友好の足枷になってはならない”とするオーストラリア人の考え方を知る事ができます。」
と彼女は主張する。

戦争記念館館長のトム ルイス博士はその意見に全面的に同意する。
「それはすべらしい考えだ。日本兵も当然追悼されるべきだ。戦争はもう70年も前の話で多くのわだかまりは既になくなっている」
「しかし、まだ生存中の戦争経験者の中には不快に思うものがおり、式典に参加したくないと思うかもしれない。その気持ちは理解できるが、我々一般人にとってはもう潮時だ」
「日本兵の戦死は日本においてさえ適切に追悼されていない」
とルイス氏は国のために戦って死んだのにないがしろにされている日本人戦死者への同情も寄せている。

ノーザンテリトリーRSL(RETURNED SOLDIERS LEAGUE)(退役軍人連盟)副会長のドン ミルフォード氏は、
「若いメンバーには多分何の問題もないだろう。しかし年配のメンバーの気持ちを考慮し話し合う必要がある」
と慎重なコメント。

ポール ヘンダーソン代表は、
「日本側が先にダーウィンで公式謝罪されたことは非常に意義深いものであった。
そのメッセージは深く胸に響き、心を打つものであった。
この件、日本側領事と前向きに話し合いたい」
とコメントしている。

記事本文
Push to recognise Japan WWII soldiers in Darwin
Wed Mar 2, 2011
The head of the Northern Territory's war museum is backing a push to have Japanese soldiers officially remembered in the commemorations of the World War II bombing of Darwin.
At least 242 people died in Japanese raids on Darwin in 1942 and 1943, led by the same commander who attacked Pearl Harbour.
Historians still are not sure exactly how many Japanese personnel were killed, but 80 are thought to have gone down in a Japanese submarine destroyed just outside Darwin Harbour.
Japanese woman Sachi Hirayama lives in Darwin and is requesting her country's war dead also be officially remembered.
"All people who fought the war are victims of war, and that's why I wanted to give flowers for both people," Ms Hirayama said.
"I want Japanese people see the ceremony I joined and I want them to learn that Australian people's attitude ... like the past is the past, learn from experience and let's move on."
The director of Darwin's war museum, Dr Tom Lewis, agrees.
"I think it's a tremendous idea, of course they should be remembered," he said.
"I think it's now 70 years since they were here and a lot of the acrimony has gone.
"But I understand soldiers who are still alive on our side and on their side for that matter may feel bitter, and they may not want to participate, but I think for the rest of us we think it is about time."
He says the soldiers' deaths are not properly remembered, even in Japan.
The RSL says the proposal may offend some veterans.
"We'd have to speak to those people and get their feelings," senior vice president of the Territory's RSL branch, Don Milford, said.
"I believe the younger members probably wouldn't have that much of an issue with it.
"But of course before we could do anything, consultation with our more senior members would have to be undertaken."
Chief Minister Paul Henderson says he would consider a proposal to officially remember Japanese soldiers in the commemorations of the bombing of Darwin.

"I think it was a very significant signal from the Japanese to make that formal apology here in Darwin for the first time," he said.
"It was certainly something significant and it was deeply moving and deeply touching, so I'm happy to talk to the Japanese Consul about that."

Sachi Hirayama at the 2011 bombing of Darwin ceremony.

読んでくれてありがとうございます。

オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

posted by sachi at 16:59| Comment(0) | ダーウィン空爆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。