2011年06月12日

日本頭巾ちゃん 前編


日本頭巾ちゃん 前編

日本頭巾ちゃんは今日もお花畑にお花を摘みに行きます。

大好きな民主おばあちゃんの体の具合が悪いので、お花を届けてあげたいのです。

お花畑の周りには怖い動物たちが潜んでいます。

チャイナ狼、かんハイエナ、ノースコリアン犬、森の影には露熊、空にはアメはげたか飛んでいます。

狼達が迫ってきてお花畑は小さくなるので、お花を探すのは大変なのですがやめることができません。

大好きなおばあちゃんから毎日頼まれるのです。

「日本ちゃんや、今日は腰が痛いから赤い花を摘んできておくれ」

「今日は頭が痛いから黄色とピンクのお花を摘んできておくれ」

その上、地震と津波でお花畑も大きな被害を受けました。

日本頭巾ちゃん「おばあちゃん、お花摘みをお休みして、お花畑をきれいに直してあげたいの。」

民主おばあちゃん「日本頭巾ちゃんのお花を見ることだけが楽しみなのに、もうどうやって生きていけばいいのかしら。なんて冷たいの、おばあちゃんは悲しい」

日本頭巾ちゃんは泣きそうになりながら「分かった、お花探しにいってくるわ」と行ってお花を摘みに行きました。


日本頭巾ちゃんは知りません。民主おばあちゃんがもらったお花をお部屋に飾りもせず、狼やハイエナ、犬達に売り飛ばしていることを。


お花畑の近くでは原発が爆発しました。放射能が漏れてきて鼻血が出たりします。

日本頭巾ちゃん「おばあちゃん、お花畑に行くと具合が悪くなるの。ちょっと休んでいいい?」

民主おばあちゃん「まあ、なんてひどい子なんでしょう。病気のおばあちゃんを見捨てるなんて、お花がないとおばあちゃんは死んでしまうわ」

おばあちゃんが大好きな日本頭巾ちゃんは、おばあちゃんが死んじゃったらと考えると悲しくなりました。

日本頭巾ちゃんは怖いのと疲れているのを我慢して、お花をつみにいきます。


狼達はもうすぐ後ろにいます。今にも食べられそうになっているのに、お花を摘むのに一生懸命な日本頭巾ちゃんはきがつきません。

日本頭巾ちゃんの運命やいかに
posted by sachi at 22:31| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。