2011年04月23日

被災地からホームステイの生徒が来る!

私のFACEBOOK FRIENDの山下さんが始めた「私の19人のフェイスブック友達へのお願い keep the dream of children.Projects」
は大きな反響を呼び、里親への応募や、協力の申し出がたくさんあったそうです。
海外在住の日本人からも、何かしたいという声がたくさんあり、被災地の子供達を元気付けるために、ショートホームステイをする案が浮かびました。

そしてなんと、7月を予定に、3人の生徒がオーストラリア、ダーウィンに来ることに!
構成を見てみなければわかりませんが、二人を私が預かり、もう一人は日本語教師のオーストラリア人の先生に預かってもらう予定です。

オーストラリア人の陽気さとダーウィンの明るい太陽に触れ、子供達には元気になってもらいます!そしてその元気を被災地にもって帰ってもらいますよ〜。



私の19人のフェイスブック友達へのお願い keep the dream of children.Projects
Heartful Stay Project. 8100 810 PROJECT.
Keep the deream of children.projects

東日本大地震、子ども達をオーストラリアに送ろう!!

Heartful Stay Project.  8100 810 PROJECT.



東日本大地震で被災した家庭の子どもたちをオーストラリアに送り、一ヶ月間のショートスティ体験をしてもらおう。というのが今回のプロジェクトです。これに必要な費用を我々は、今集めています。

現在、主に札幌市札幌近郊に避難してきている人を対象に派遣する子どもたちを集めています。

ショートスティの目的はまず、震災に関係なく子どもに海外スティとう貴重な体験をさせたい。そして避難してきた新しい土地で被災者家族の今後の準備に関する精神的負担の軽減にもなるのではないかと考えています。





東日本大地震で被災した子ども達を助けたい。当初ただ一人、山下徹志氏が発言した声は海を渡り(地元から日本中そして海外滞在者まで、そして)オーストラリアまで届きました。オーストラリア北部ダーウィン在住の平山氏とのやりとりの中で被災者の子どもたちをオーストラリアでホームスティさせるのはどうかという提案がありました。平山氏がオーストラリアの友人に呼びかけ、ホームスティを受け入れたいという家庭が集まりました。山下徹志氏と私達は札幌近郊に避難している被災者の家庭に呼びかけ、希望者を集めています。現在7月の実現にに向けて準備は着々と進んでいます。

そして、これにかかる費用をオーストラリアと札幌の両方で分担して集めています。被災した子ども達にオーストラリアでホームスティさせたい!というHeartful Stay Projectの夢を実現させることにどうかご協力ください。



●協賛企業1口:8100円 ●個人協賛1口:810円 ●スティ人数:3名(中高生対象)●同行する大人:1名

Keep the dream of children.projectについて

活動の始まりは東日本大地震を機に山下徹志氏が被災孤児達に里親支援をしたいという思いから始まりました。最初は山下徹志氏の友達。そし彼の19人のソーシャルネットワークの友達から始まり、山下徹志氏の気持ちに共感し力になりたいという輪は現在、海外にまで広がっています。

今回のオーストラリアへのショートスティ派遣は、そうした集まりの中で提案され、実現に向かっているものの一つです。

今後、われわれは震災で被災した子ども達のために様々なプロジェクトを展開していこうと考えています。



※Keep the dream of children. Projectは山下徹志氏からはじまりました。心で繋がる気持ちの輪で結成されておりNPO法人でも団体でもありませんが、皆さまからお預かりしたお金は今回のプロジェクト以外に利用しないことを約束致します。



連絡・問合せ先:Keep the deream of children.projects 山下徹志 やましたてつじ

メール: 810project@mabrouka.jp

電話: 090-1302-2063



Heartful Stay Project. 8100 810 PROJECT.支援金は↓こちら宛てにお願いします。



金融機関名:ジャパンネット銀行

支店名:本店営業部

普通預金:2431387

口座名義人:ヤマシタテツジ



http://www.facebook.com/keep.the.dream.of.children#!/keep.the.dream.of.children
良かったらご協力ください。
posted by sachi at 17:47| Comment(0) | English only | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。