2011年03月28日

Working condition of Fukushima 50

第1原発に作業員450人=食事は1日2回、雑魚寝状態−福島

 福島第1原子力保安検査官事務所の横田一麿所長は28日、福島市で記者会見し、22〜26日に福島第1原発を訪れた際の状況を説明した。東京電力社員約380人と協力企業の約70人が復旧作業に当たっていたという。
 作業員らは午前10時ごろから夕方まで原子炉建屋内や建屋周辺で作業。1号機から約300メートル離れた免震棟で食事や睡眠を取っている。免震棟は放射性物質が入りにくい換気システムを備え、訪問時の放射線量は1時間当たり6マイクロシーベルト前後で、現在は2〜3マイクロシーベルトまで低下した。
 食事は1日2食。作業前の朝にビスケット30枚程度と野菜ジュース、作業後の夕方に非常用アルファ米と缶詰1缶が東電から支給される。就寝は会議室の床や廊下などに雑魚寝状態で、毛布も全員分は確保できていない。(2011/03/28-19:06)

Working condition of Fukushima 50

Yokota Takamaro, nuclear safety inspector office of the Fukushima Daiichi power plant had a press conference, explaining the situation from 22nd to 26h while he visited the power station. Around 380 employees of Tokyo Electric Power company and 70 subcontractors were working for recovery effort.
These workers work from 10:00am till evening inside the reactor building or around there. They take meals and sleep in base isolation building, which is 300meters away from 1st power plant. The builiding has the ventilation system which prevent radiation. During his visit, the level of radiation was 6 microsievert and now it dropped to 2 to 3 microsievert.

They had meal twice a day. In the morning, they were given biscuits and vegetable juice. In the afternoon after work, they were given emergency alpha rice and can. They sleep in the floor or meeting room or hallways. They don't have enough blanket.
(2011/03/28-19:06)
posted by sachi at 22:48| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。