2011年01月31日

日本の食べ物はおいしいよ!

ヨーロッパに旅行したときに、食べ物にはとても苦労しました。
オーストラリアに5年住んで、米も週に2回くらいしか食べないようになっていたので、十分西洋化していると高をくくっていました。

フランスとイギリスでは日本食レストランが流行らしく、大丈夫。
ダーウィンには寿司レストランしかないので、むしろいつもより日本食がたくさん食べられ、ご機嫌。

ただ、手ごわかったのがドイツです。
とにかく、塩辛くて、油っぽくって、クリーミーで、煮込みすぎ。

オーストラリア料理も脂っこくって日本人の口には、、、なのですが、逃げ道があって、私はベジタリアンの料理を頼みます。
他のオーストラリアの料理に比べて、味が濃くなく、さっぱりしていて、もちろん野菜が多いので何とか日本人の口に合うのです。

しかし、おそるべしドイツ料理。
ベジタリアンでも、味が濃く、野菜は長時間煮込んでいるので、野菜の味はしない。
にんじんも、カリフラワー、インゲンももまるでペーストのように柔らかい。
ブロッコリーにフォークで触れると、ほろほろと崩れて行きました、、、

おなかはぺこぺこだし、寒いし、旅行中なので体力いるし、栄養取らなくっちゃいけないのはわかっているけれど、どうしてものどをとおらないのです。
やっと、スープだけ食べられるようになり、何とか生き延びました。

あちらの気候ではしょうがないんでしょうね。
寒いから体を温めるため、とにかく食事がヘビーなんだと思います。



新鮮な素材が豊富で、素材の味を活かす日本料理は本当においしいですね。
私が日本人だから言っているんじゃないですよ。
だってドイツ料理の店やイギリスレストラン、オーストラリアステーキ屋なんて、めったに無いですからね。
それに比べて日本料理店はどこにでもあります。
(その多くは韓国人や中国人の経営でがっかりすることも多いんですが、、、)

もっともっと外国人が日本へ行って、本場の日本の味を知ってほしいなぁと思います。
日本へ行ったことのある人は、みんな食べ物大絶賛ですからね。

日本の食べ物はなに食べてもおいしい。
ああ、日本に生まれてよかった〜

:)



 
posted by sachi at 13:34| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。