2011年01月27日

賃金交渉

私の職場で、賃金交渉のための会議に会計担当として参加することになり、毎週会議なのですが、これが気が重い。
なんだか、もう圧倒されっぱなしです。
労働者側の代表としてみんな参加するので、賃金や待遇を交渉するのは当然のことなのですが、“自分の”給料を上げろ!という人がいてびっくりしました。
そんなに私利私欲をむき出しにしたら、他の議題が進まないとか気にしないのかしら?と思ったりしますが、気にしないんでしょうね。だから、子一時間もその人の給料の話を議論する羽目になって、他の職種の人の話し合いの時間はなくなりました。
それから、そんな要求通っても、誰が得するの?会社破産するよ!というようなあんまり全体のためにならないことを声高に要求したり。。。
なかなか、西洋的考え方を学ぶいい機会です。

本当に西洋では、自分のことを真っ先に考えて、それが当たり前に受け入れられるんだなぁというのをしみじみ感じます。
自分さえ良ければいい、と思うのが当たり前で、そう思っていることをみんなに知られても恥ずかしくないんだなぁと。
中には自己中心ではない人もいますが、すごく少ない。


なんだかまとまりの無い話になってしまいましたが、本当に考え方が違うんだというのが伝わればいいなぁ。
日本人は思いやりがあっていいですね。
だからいい国なのでしょう。
やっぱり日本人にとって、海外に住むのは大変ですよ。その分面白いこともたくさんあるのでいいんですけどね。
posted by sachi at 20:40| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。