2010年12月14日

フランスでの日本ばやり

今パリにいます。
早速、道を尋ねた人から日本人にたいしていい印象を持っているコメントをもらいました。それに、日本料理店もたくさんあるし、漫画や、コミック、キティちゃんなど日本製品を売っている店もあります。ちょっとした日本ばやりです。

思うに日本人がフランスで人気な理由は他の国とは違います。彼らが日本人を好きなのは、私たちが礼儀正しいからでも、高性能な車を作るからでも、誠実で正直な人柄のせいでもないのです。ひとえに日本人の美意識の高さゆえのようです。

フランスに来て驚いたことは何よりも美しさが優先されていると言うことです。
私はフランス人にたいして、あまり物事に一生懸命になったりするイメージは持っていませんでした。
でもフランスにきてその印象は変わりました。美のためならどんなことでもいとわない。手間がかかっても不便であっても、美をとことんまで追求する。

そんな国ですから、日本のことが好きなのはうなずけます。日本人とフランス人の好みは違いますが、日本人の審美眼の確かさをフランス人は買っているのだと思います。

ファッションやコスメティックの世界では、西洋人が圧倒的な地位を占めています。そんな世界で、アジアの国の中で日本だけが確固とした地位を占めているのです。
化粧品売り場に行けば、ランコムやエリザベスアーデン、シャネル、などと並んで、資生堂、SKII、カネボウ、シュウウエムラ、などがあらゆる免税店で見られます。
最初は肌の色の関係で、アジア人のマーケットを獲得しているのかと思ったのですが、どうも違うようです。人種問わず、日本の化粧品メーカーは人気です。

美にうるさいフランス人。その国で日本のブランドが人気があるということは、日本の美的センスがフランス人に認められていると言うことなのでしょう。

日本人は本当にいろんなことに才能があるなぁ。なんだか嬉しくなっちゃいますね。




posted by sachi at 15:25| Comment(2) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
今度、何かの機会には「江戸しぐさ」の美意識をお伝えしてみてはいかがでしょうか。マナーの中にも日本の美的センス、心意気があるかと思います。
Posted by ちょっちゃん at 2010年12月20日 20:36
なるほど、多くの日本人が知らず知らずに行っているのが江戸しぐさだったのですね。
ドイツ人が日本に行ったとき、「あんなに人がたくさん行きかっているのにぶつかり合わずにすれ違っていることに驚いた。他の国だったらもみくちゃになってるところなのに」と言っていたのを思い出しました。
そうですね、こういう日本のよいところを伝えていきたいですね。せっかく日本が持っている、平和に暮らしていくための智恵ですからね。
Posted by at 2010年12月22日 06:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。