2010年11月27日

捕虜のこと - Prisoners


日本人のことを嫌う人の中に、捕虜の扱いの残虐さをあげる人がいます。
戦争中のことですから、残忍な行為もあったと思います。

私は中でも、日本人と外国人の捕虜に対する考え方の違いが残忍な行為に導いたのだと思います。

日本では昔から捕虜をとるという習慣がありませんでした。
武士の戦いでは、侍は死ぬまで戦うのが慣わしでした。
命乞いをしてよいのは、子供と年老いた女性だけで、
それ以外の人は死ぬまで戦う、もしくは自分で命を絶つのが武士たるものでした。

出兵した日本人たちは、武士の心持だったのでしょう。
皆決死の覚悟で戦地に赴きました。
決死の覚悟とは文字どおり、死ぬまで戦う、生きて日本に帰ってくることはないという覚悟です。

そのような日本兵が、外国で投降してきた外国人たちを見てびっくりしたこととおもいます。
瀕死の状態ならまだしも、怪我もしていない兵隊たちが降伏してきたのですから。
日本人が、「この人たちは自殺できない臆病者だから、止めを刺してもらいに出てきたのに違いない」と考えるのは想像に難くないとおもいます。

後に、国際法があることを知り、捕虜の扱いを学びましたが、やはり心の中では、最後まで戦うことをしない臆病者を対等に扱うのは難しかったろうと思います。私たち日本人は自己保身をまず第一に考える人をとても嫌うからです。


反対に日本兵は捕虜になることを拒み、たくさんの人が自決しました。その、最後まで戦う精神があったおかげで日本軍はとても強かったのですが、同時に生きて日本に帰れたかもしれなかったたくさんの人々の命が失われました。

理解することは大事なことです。
多くの争いは、理解するだけで避けられることがあります。

私は日本軍が残虐だったことの言い訳をしたいわけではありません。
誤解によってどれだけ悲劇がうまれるかこの経験から学んで、平和な世の中になればいいなと思っているのです。



There are some people who hate Japan, because of the way Japanese treated prisoners during the war. It was war time, and I don't have any doubt that some Japanese solders treated prisoners badly.

I would like to explain, not excuse, why Japanese was cruel to prisoners.

In Japan, we don't have custom to have prisoners, or I would say we don't surrender.
In our Warring states, all Samurai warriors fought to death.
Only children and old people are allowed to surrender.
Solders have to fight to until the last minute, or kill themselves.

Then we started to fight with other countries.
All Japanese solders left Japan to fight, and they knew they wouldn't come back home.

When they saw foreign solders surrendered to them, they must be so surprised. Some solders didn't look like injured, had their weapon and gave up to fight. It would be beyond comprehension. So they assumed the foreign solders were asking opponent to kill them, because they were too coward to kill themselves,

Later on, Japanese realized there is an international law for prisoners.
They kept prisoners, but they disrespected solders who gave up their fight, because they had a mindset, all solders have to fight to the death.

From Japanese side, many solders commit suicide to reject being captured. They were too ashamed to surrender.
Because our "fight to death" spirit, we lost so many lives. Even many female commit suicide in Japan.

If they understood the different custom, many lives could have been saved.

I am not trying to excuse the savagery of Japanese solders.

To learn from past, we have to understand.
It was a good lesson to learn how important to understand each other, and how people are different from country to country.
I hope we learn from this experience, and contribute to world peace.


posted by sachi at 09:36| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。