2010年11月26日

日本語

日本語は美しい言葉です。
人を罵る言葉(SWEARING WORD)がありません。

SWEARING WORD というのは、悪口とは違って、それ自体に意味はないのですが、会話全体を修飾して罵るのです。(ああ、説明が難しい。日本語ではしいて言えば“くそ”が近いかな?)

たとえば英語ではFxxking を言わないと会話ができない人もいます。
とにかく攻撃的に聞こえるので、いったい何が言いたいのかわからなくなることがよくあります。

“日本語にSWEARING WORDはありませんよ”というと、ほとんどの人が、それは素晴らしいといってくれます。
中には、ほんの一部ですが、つまんないの!という人もいますが、気にしません。


悪口の語彙コンテストがあったら、日本は最下位になることでしょう。
日本人は人を罵ったり、悪口を言ったりしないので、そのような言葉の語彙が少ないだけなのです。

日本語はとても美しい言葉です。


posted by sachi at 08:40| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。