2011年10月13日

英辞郎という辞書を使うと、、、

http://www.youtube.com/watch?v=4LLVBV-RLDw

是非ご覧ください。
画像が悪くて申し訳ない。もし画面をそのまま録画できる人がいたら、取り直していただけるとありがたいのですが、、、

しかし、とにかくこれは酷いです。たくさんの人にこうやって日本が虐げられてきたことを知ってもらいたいです。
posted by sachi at 12:37| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

拡散お願いします。日本の辞書が酷い。Japanese dictionary is abusing Japan

私が良く使うオンライン辞書 英辞郎で次のような標記を見つけました。私は長崎の人間としてとても許せないのです。他にも日本を貶めるような例文がたくさんあります。この辞書は語彙が多いため利用者がとても多いのです。ここで英語を勉強した人たちがこのような考えを持って世界に日本のことを発信するかと思うと、たまりません。どうかこれを読んだ皆さん、知恵をお貸しください。


「(原爆投下は)日本がアジアを侵略した天罰です。
"The dropping of the atomic bombs was retribution imposed on Japan for invading Asian countries.〔【出典】Hiragana Times, 1995年8月号(株式会社ヤック企画)◆URLhttp://www.hiraganatimes.com/ 〕 全文表示



「原爆投下は日本に課せられた天罰です。なぜなら、第二次世界大戦で日本は、ドイツよりも多くの人々を意味もなく殺したからです」
"The dropping of the atomic bombs was retribution imposed on Japan, because in the Second World War, Japan committed many more meaningless killings than did Germany."〔【出典】Hiragana Times, 1995年8月号(株式会社ヤック企画)◆URLhttp://www.hiraganatimes.com/ 〕 全文表示



http://eow.alc.co.jp/%e6%97%a5%e6%9c%ac+%e5%8e%9f%e7%88%86+%e5%a4%a9%e7%bd%b0/UTF-8/
posted by sachi at 23:12| Comment(2) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A girl who was kidnapped by North Korea

In 1977, a 13 years old girl was kidnapped on the way home. Her name is Megumi and if she is still alive she would be 47 years old.
I want her to come back to Japan and see her family, but it is unlikely to happen because our government has strong connection with the person who is related the abduction of Japanese. As long as we have Democratic party as a ruling party of Japan, there is no chance for her to see her mother. Sad thing is no Japanese media doesn't report the relationship between Japanese government and the abductors. I hope somebody is interested in this story and tell the world what is happening in Japan. Megumi needs help. She hasn't seen her mother since she was 13 years old.

http://www.rachi.go.jp/jp/megumi/index.html#en
めぐみさんのドラマです。是非ダウンロードしてください。
めぐみさんどんなにかお母さんに会いたいでしょう。。。
posted by sachi at 20:41| Comment(0) | English only | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

日豪友好のいい話!

先日オーストラリアのABCニュースで流れた超良い話です。
豪退役軍人さんの荷物のなかに、日本軍兵隊のものと見られる日記が見つかりました。
それを見つけたLindy さんは、日本へ返してあげようと家族を探すのですがなかなか見つかりません。
二年たってやっと外務省から広島に住む娘さんが見つかったとのこと!
お嬢さん、ノブヒロ ユリエさんは当時2歳、お父さんの記憶はありません。
日記の中には戦局と共にユリエさんへの思いもつづられています。
ユリエさんは是非Lindyさんに直接あって御礼が言いたいとシドニーまで来られ感激の対面を果たしました。
http://www.abc.net.au/7.30/content/2011/s3322981.htm

感動します、是非見てください。しばらくするとリンクが切れますのでお早めに〜

Transcript
LEIGH SALES, PRESENTER: For 67 years a Japanese naval diary retrieved from a Second World War battlefield was lost among the belongings of an Australian war veteran from country New South Wales.

When his daughter-in-law, Lindy Glover, found the diary, she felt compelled to return it and started a two-year hunt for family members in Japan.

What happened next is extraordinary, as Natasha Johnson reports.

NATASHA JOHNSON, REPORTER: A bush retreat near the New South Wales town of Orange is a long way from the battlefields of World War II. But recently a relic of that conflict disturbed Lindy Glover's peaceful existence.

LINDY GLOVER: It became a very heavy responsibility. It was like a piece of history in your hand, like a piece of somebody's else life that you really had no right to have.

NATASHA JOHNSON: What she had was an exquisite Japanese naval diary, rich with writings, prints, and a world map with pen markings perhaps highlighting the theatre of war.

Lindy Glover's father-in-law, Alexander Glover, a soldier in the 2nd 3rd Pioneer Battalion brought the diary back from New Guinea, but how it came into his hands and what secrets were recorded on its pages had never been revealed.

LINDY GLOVER: It was not something that was ever on show. It was put away in a box, not mentioned, not talked about.

NATASHA JOHNSON: When Alexander Glover died in 1994, the diary was handed down to his son Gordon, Lindy's husband, who'd served in the RAAF.

Three years later, Gordon Glover died suddenly and a grief-stricken Lindy packed his things into a suitcase and stored them in the shed.

There the diary sat for a decade until 2008 and a chance encounter with someone who happened to mention a connection to the Australian War Memorial.

LINDY GLOVER: It was almost like the diary yelled at me. And I thought, "Oh, I must do something about that."

NATASHA JOHNSON: And so began her quest to send the diary home.

Through the War Memorial, Lindy Glover found researcher Keiko Tamura, who was then cataloguing Japanese war items in Australia. She was surprised to see such a well-preserved naval diary when so many went down with the ship.

KEIKO TAMURA, WAR RESEARCHER, ANU: It's just amazing because it's very rare for those diary to be kept outside Japan.

NATASHA JOHNSON: Keiko Tamura gave Lindy Glover a snippet of information.

LINDY GLOVER: And she was able to give me name, which was Shegegi Fukushina (phonetic spelling), the name of his battleship, the battleship Fuso.

NATASHA JOHNSON: The Fuso had been in the battle of midway before seeing action in the waters off PNG in late 1943.

Lindy Glover passed what she knew to the Japanese consulate in Sydney, which has a tracing program, but expectations were low.

MASAHIRO KOHARA, JAPANESE CONSUL-GENERAL: I think it's very difficult. Sometime it's depend upon luck.

NATASHA JOHNSON: So for two years, she waited and wondered.

LINDY GLOVER: Every time I went into that office, five times a day I would look at that little diary and think, you know, "You've gotta go somewhere. I hope you can go somewhere." And I'd take it down and I'd flip through pages and I would try to imagine who wrote it and what it was about.

NATASHA JOHNSON: Then in December last year, a phone call brought incredible news.

LINDY GLOVER: I was absolutely awestruck when the Japanese consulate told me they had found his daughter. And it was wonderful.

NATASHA JOHNSON: In the city of Hiroshima, Yurie Nobuhiro was stunned to hear a voice from the grave, 67 years after her father died. She was two years old and has no memory of him, left with just a photo and a lock of hair.

How did you feel the first time you touched it and first read it?

YURIE NOBUHIRO (voiceover translation): (Crying). Very happy to have the diary, but I was very sad at the same time. I felt my father didn't really wanna die.

NATASHA JOHNSON: She penned a heartfelt letter of gratitude to Lindy Glover, but after months of writing to each other, Yurie Nobuhiro wanted to personally thank the keeper of the diary.

Yurie Nobuhiro and her family flew to Sydney for an emotion-charged meeting with Lindy Glover and her family.

The lost diary's journey home has had a profound impact on both women.

YURIE NOBUHIRO (voiceover translation): I felt his soul really wanted to go back to me. I felt his determination that he really wanted to come back to me. I'm very grateful to Lindy.

LINDY GLOVER: I think there are so few times in life where you get to do something that makes your own soul sing, and that's exactly what it's done. It's made me feel wonderful, very joyous.

NATASHA JOHNSON: Amid the hugs, tears and an exchange of gifts, past hurts were healed.

YURIE NOBUHIRO (voiceover translation): My father must be pleased to see us meeting together today.

NATASHA JOHNSON: Lindy Glover had long wondered what was written in the diary's pages.

Yurie Nobuhiro revealed that her father had recorded happy family memories and his love for his wife and only child.

TRANSLATOR: He wrote in the diary that he thought about his daughter every day.

NATASHA JOHNSON: Belated comfort for Yurie Nohubiro, who's heartbroken mother died a few years after her father when she was just six years old.

She'd long believed her father died at sea, but he'd apparently travelled on another warship and landed in New Guinea in early 1943. On 26th March he wrote of a deadly air raid on his camp.

TRANSLATOR: The person who was next to him died, but he survived. He wrote, "We can't change our destinies."

NATASHA JOHNSON: That was the last entry in the diary. For Lindy Glover that date eased a fear that her father-in-law may have been directly involved in Shegegi Fukushina's (phonetic spelling) death. National archives records show Alex Glover didn't arrive in New Guinea until five months later. How he came across the diary remains a mystery.

In a poignant climax to this remarkable reconciliation, these new friends visited the War Memorial in Hyde Park. There they wrote the names of the servicemen who brought them together on stars that will be burnt and the ashes scattered by school children soon to visit the battlefields in Papua New Guinea.

They're in awe of the powerful meaning of a simple act of kindness.

LINDY GLOVER: I haven't brought world peace or anything big. I've done a really tiny, little thing, but it's brought a great deal of joy.

LEIGH SALES: What a lovely story. Natasha Johnson reporting.
posted by sachi at 22:35| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人洗脳マニュアル

「韓国ドラマに興味ないわ」、というだけでえらく非難される事があったので何か変!とおもっていたら、こんなマニュアルがあったのですね。気をつけましょう〜

工作員マニュアル(極秘)
A 貴方はすばらしいひとだ 博識で人格も高い。

B いえいえAさん、まだまだでございます

A あのような、悪口をいう人たちをどう思うか?

B はしたないと思います。あのようにはなりたくありません。

A やはり、貴方は見所がある。彼らとは違うと思っていた。

B ええ、あの人たちとは違います。

A 貴方は韓国ドラマは好きか?

B 見たことありません

A きちんとみて判断するべきです。そうでなければあの感情的排他的下等な人間達とおなじことではないか。

B 見てみます。

A どう思いましたか?

B あまり好きではありません。

A 貴方はやはりやつらと同類なのですね。嫌韓で目が曇って、韓国ドラマのいいところが見えないのです!

B もう一回見てみます。

A すばらしい!やっぱり貴方は心が広い。

B ストーリーが良いですね

A さすが、やっぱり貴方はお眼が高い。排他的感情的やつらとは違いますから当然です。さあ、あそこにCという

排他的感情的なやつがいますよ!韓国のドラマは好きじゃないといっています。

B 分かりました、韓国ドラマを勧めてきます

A 貴方は私に説得されて韓流のよさがわかったから排他的ではありませんが、Cは決して理解しません。排他的ですからね!

B → C 韓国ドラマ見てみろよ!このよさが分からないなんてお前心が狭いな!

C ほっとけ!韓流ごり押しすんなよ!

B → A やっぱりCは感情的排他的です。

A そうです、Cは感情的排他的です。愚民を戒めるのが貴方の役目です。
posted by sachi at 09:25| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

捕鯨の話をするのは大変

先日なぜかイギリス人、インド系オーストラリア人、純オーストラリア人と捕鯨の話になり大激論、いろいろと考えさせられました。
日本は捕鯨を400年も前から続けていたのに、西洋人が鯨の油を燃料として使いたいが為に乱獲して数が激減しました。
その責任の一端が自分達にもあるのをすっかり無視して、全ての責任を日本のせいにしている。
これって日本の戦争責任と同じことなのですね。

第二次世界大戦前まで西洋国家はアジア、アフリカを植民地化し、何百年も搾取し続けてきました。
ところが第二次世界大戦日本軍が侵略したと結果独立運動が活発になって、多くの国が植民地支配から抜け出しました。
ところが日本の数年間の占領にだけ焦点をあて、他国を搾取したと戦後も日本を責め続けています。
日本が諸悪の根源だったのでしょうか? 
西洋の植民地支配から目をそらすためのスケープゴートに使われていませんか? 
弁解や言い訳ではなく、議論が出来る国になるべきだと思います。
posted by sachi at 21:04| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

日本の秘密をばらしたらフェイスブックから警告が来ました

【至上最大の秘密】



この秘密を日本人に知られてはなりません。

なんとしても隠し通さなければなりません!

史上最大の秘密

それは、、、、、、、、日本はいい国

この秘密をどうやって日本人に気づかせないようにするか。

どうやって??大丈夫!いい方法があります



・日本が好きだ → 軍国主義!

・日本はいい国 → 島国根性!

・日本は向学心があり、進学率が高い → 大学にいっても勉強しないくせに!

・日本人は働き者である → 働き蟻、ワーカーホリックと言い換えてみよう。

・日本人はこんな狭い国によくもまあ平和的に暮らしている → ウサギ小屋と気の毒がってあげよう

・日本はお金持ちである → エコノミックアニマルと呼び、謙虚な日本人に裕福であることを恥させよう

・日本人は品格がある → いいえ、他の国の人すべてが日本人より品格があります。

・日本人は頭がいい → いいえ、英語が話せないので、頭が悪いです!

・日本軍は強かった → 侵略国家ですからね〜

・日本が戦争を始めたのは実は自分の国が危険だったせいと、西洋のアジアに対する植民地政策に腹を立てていたから → 侵略国!侵略国!といい続け本当の歴史から目をそむけさせましょう

・韓国を統合したのは、あまりに弱い国だったから、そのままにしていると侵略されるし、自分たちに危機が及ぶから → 謝罪!謝罪!もし謝罪したら従軍慰安婦!そして謝罪!

・日本人は健康だ → ジャンクフードを食べさせよう。ついでに牛肉も!いつか日本人をぶくぶくの不健康にしましょう

・日本人は自国に誇りを持つ民族だ → 学校の授業で日本がいかに悪い国か教えよう。

・大人になってこの秘密に気が付きそう → 日本がいかに世界から嫌われているかテレビで放送する。

・日本の労働力のレベルは高い → レベルの低い移民を受け入れさせ、生産性のレベルを一気に下げる。

・日本製の製品のレベルは高い → 移民による生産が始まったので、レベルが下がるのは時間の問題。日本製ブランドの信用は落ちる。

・日本は世界にまれに見るほど安全だ → 平和ボケ!お花畑!と揶揄する

・大局観があり、地球全体のことを考えている → 島国なんですよ、世界的視野があるわけがないでしょ!と高圧的に言う。

・由緒正しき天皇制があり、世界からうらやまれている → それがなにか?

・日本は最先端である → ふ〜ん

・日本のあらゆる製品は高品質、高性能で世界的信用がある → 高いからね〜

・日本のアニメは人気だ → アニメ=変態と思い込ませましょう。 日本!ヘンタイ!アニメ!ヘンタイ!

・日本人は質が高い → 英語を話させない。中学生になるまで待って文法だけを教えれば、後はひとりでに日本人は英語が苦手だと思い込んでいる。これで日本人は外に出ないから、ばれない^^

・FACEBOOK上では日本が人気 → FAEBOOKは絶対!実名ですよといって、日本人が使うのを阻止する

・日本は特別な国だ → いいえ、自意識過剰です

・日本の食べ物は人気がある → 日本人気がついていないから放置。海外の日本食レストランの多くが、中国人、韓国人経営であることに世界も気がついていない。

・日本のテレビは人気がある → これ以上流出させない。海外には、「風雲たけし城」と「料理の鉄人」が今一番人気の最新番組だと思わせておく。

・日本のファッションは人気 → 個性がないとでも言っとけ

・日本軍は強かった → 隠せ!日本人に知られないようにしよう!教科書には最小限、矮小化して書いておけ。

・それもロシアに勝つくらい強かった → 戦争をしたのは恥だ!侵略国だ!といい続ければ、人のいい日本人は気がつかない。

・日本軍は今も強い → それも極秘だ!アメリカがいないと何もできないとと思わせよう!

・日本が実はアメリカに一時は勝ちそうなくらい強かったことはどうやって隠す? → 教えない

・日本が自立して軍隊を持ちたいといったら → まだ懲りずに戦争をする気かぁ!と怒る

・海外支援に自衛隊を出せないので、お金を出した → 金さえ出せばいいのか!と責める

・高度成長した → アメリカのおかげだ。戦後GHQがずいぶん助けたからね〜。

・成長し続けている → 軍事力にお金を使ってないから楽だよね〜と嫌味を言う

・やばい、オーストラリアが最近日本の本当のよさに気がつき始めている → 鯨!鯨!く〜じ〜ら!南京!南京!鯨!これで彼らの縁もすぐに切れる

・今度は韓国人の若者が日本の文化に興味を持ってきた → NO NO 日本が韓国に興味があるのです。韓流ブームです。

・日本はいい国 → うそだ!虚偽だ!事実無根だ!そんな真っ赤なうそを言う自衛隊幹部はクビだ!首だ!

・日本はいつも世界にいい影響を与える国で毎年上位 → お世辞です。傲慢になってはいけません。謙虚に受け止めましょう。お世辞なんです。

・第二次世界大戦のことで日本を恨んでいる国はほとんどない → うそだ!靖国神社参拝絶対反対!未来永劫、罪悪感にさいなまれてもらう。傷口に塩を塗る。

・またいつものように日本は災害から立ち直りそう → 今度は自然災害+人災だから大丈夫、立ち直らせない

・震災後の落ち着いた様子が世界に広められて、日本人の冷静さ、品格の高さがばれ始めた。 → もうこれ以上日本の良いところは世界に広めないようにする。日本の記者に日本の駄目なところだけを報道させる。

・デモなんかするから世界が気づき始めた → 日本は隣国を嫌う人種差別国家ですよ、駄目な国ですね。最近は右翼化してきますよ〜 と広めよう。

・日本人がマジで怒り始めた → やばい、日本人はめったに怒らないが、怒ったらものすご〜く怖いのを忘れてた。

・日本人が団結し始めた → わ〜もう駄目だ、日本人は一人では怖くないけど、団結したら恐ろしい力を発揮する国民性だった。うわ〜66年間の日本破壊工作活動が水の泡!?



この文章をフェイスブックに書いたら次のような警告が来ました。 
Facebook Warning
Facebook notification+kr4mnqgnsgxn@facebookmail.com to me

こんにちは、

あなたのノート「【至上最大の秘密】」はFacebook利用規約に違反しているため、削除させていただきました。Facebookでは、憎悪、脅迫、猥せつ等の不適切な内容を含むノートは禁止されています。また、個人や団体を攻撃したり、製品やサービスを宣伝するようなノートもサイトから削除されます。Facebook機能の誤用が続くと、アカウントが永久停止処分となることがありますので、ご注意ください。ご質問がある場合は、よくある質問をご覧ください。http://www.facebook.com/help/?topic=wnotes

Facebookチーム

    
posted by sachi at 22:55| Comment(2) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。