2011年05月12日

ドキュメンタリーを作ります

オーストラリアでドキュメンタリーを作ることになりそうです。
Northern Territory 州がスポンサーしてくれそうですし、今までに、4人の映像関係者が、「とても興味がある話だ、自分がとりたい」、と言ってくれました。^^
ええ、なんとしても作りますよ!

これが内容です。
タイトル : 

忘れられた人々

スクリプト:

私は、オーストラリア、ダーウィンに住む日本人です。
5年前、オーストラリアの大学を選ぶ際に、ダーウィンに来ることを少しためらいました。
1942年2月19日から60数回、ここは日本軍に攻撃され、243名の人々がなくなったからです。
しかし考え直しました。私は、長崎出身ですが、長崎に住むアメリカ人を差別したことはありません。だから、ダーウィンへ行っても大丈夫だろうと。
そのとおりになりました。私はダーウィンに住んでいて、日本人だからと差別されたことはありません。

2月19日には、日本人は外に出るな、といううわさがあります。
しかし、長年すんでいて、それは真実ではないことに気がつきました。
ダーウィンの航空博物館や戦争博物館では第二次世界大戦当時の日本軍に関する展示がたくさんあります。それらが感情的でなく、淡々と事実だけを伝えていることに感銘を受けました。
日本軍がいかに残虐であり、オーストラリア人がどれだけ甚大な被害を受けたかを展示することも可能でしょう。しかしながら、展示物は公平であり、むしろそこには、日本の兵士に対する敬意さえ感じられました。

そこで、ダーウィン爆撃の式典に、オーストラリアの被害者だけでなく、ダーウィンを爆撃した日本兵にもお花を供えたいと考えるようになりました。

なぜなら日本の兵隊は、私の国では忘れ去られているからです。
むしろ、オーストラリアでのほうが敬意をもって扱われています。
私は、せめてここダーウィンで亡くなった方だけにでも、お参りしたいと思ったのです。

オーストラリア人に私のアイディアを話したところ、驚いたことに多くの人が賛成してくれました。
そして、ダーウィン市議会に、二つの花束を供えることの許可をもらおうと電話をしたところ、担当の方は、「大丈夫、問題ありません」と言ってくれました。

今年の式典に参加し、二つの花束をささげることが出来ました。
私の容姿や立ち居振る舞いから、日本人であることはすぐに分かったでしょうに、誰も責めたり文句を言う人はいませんでした。出席した人の中には当時の爆撃を生き延びた人もいるのに、彼らの許容力の大きさに感謝しています。

このことをABCに伝えたところ、私はインタビューを受け、オーストラリアで全国放送されました。
ネット上では否定的な意見もありましたし、それはもちろん予想していました。しかし多くの人からは、「とてもよいことだ」という建設的な意見が大多数でした。

今年の8月15日、終戦記念日に日本へ行き、戦争の為に命を落とした兵士の魂が祭られている靖国神社におまいりします。

日本人で、ここにおまいりする人は多くありません。なぜなら、靖国神社と聞くと、「軍国主義者」や「右翼団体」と言うイメージがあるのです。

また、日本の総理大臣が靖国神社に行くと、中国や韓国の政府が日本が彼らの国民感情を傷つけたと責め立てます。その上、日本の裁判所は、総理大臣の靖国参拝は違憲という判決を出しました。

私達が靖国神社に行くのは、日本の兵隊さんが正しいことをしたと宣言するために行くのではありません。彼らは国を守るために命を落としたのだから、日本人として感謝の意を伝えるためにおまいりしたいのです。

これが私が作りたいドキュメンタリーの概要です。

これは、ダーウィンにとっても良い結果を生むことと思います。なぜならダーウィンも同じように忘れられているからです。

今年のダーウィン爆撃の式典は全国では放送されませんでした。オーストラリア人の中には、ダーウィンが爆撃されたことを知らない人が居ると聞いています。

私はこのドキュメンタリーにより、オーストラリア、日本両国で注目を集め、来年の70周年記念式典にたくさんの人が参加することと思います。

これによって、両国がより理解を深め、オーストラリア、日本の関係がよりよくなることと信じています。


参考
これらがインターネット上のニュースと、テレビ放送です。
http://www.abc.net.au/news/video/2011/03/02/3153526.htm
http://www.abc.net.au/news/stories/2011/03/02/3152453.htm


Sachi

Title:

Forgotten people

Script:

I am a Japanese citizen living in Darwin .

When I choose university to study five years ago, I worried because I know Japan bombed Darwin during WWII and was afraid I might be discriminated.

I had second thoughts like 'I am from Nagasaki, but I've never discriminated American who lives in Nagasaki, so I should be fine'

I was right, I've never been discriminated in Darwin.

There is a rumor that Japanese shouldn't go out on 19h February in Darwin, but I had a doubt about it.

I went to the war museum and aviation museum in Darwin, and I was impressed because these exhibitions were very simple and fact orientated.

If Australia wants to, it can demonstrate how brutal Japanese attacks were, or can focus on how much Australian victims suffered, but the exhibition is very fair, and I even could feel that Australian museums show some respect to Japanese solders as well.

I got the idea that I want to attend the ceremony to give flowers not only for Australian victims but also Japanese solders who died in Darwin.

The reason I wanted to do is Japanese solder are forgotten in my country.

They are treated better in Australia rather than in Japan.

I just wanted to remember the one who died here at least, because I live in Darwin.

I asked about the opinion how Australian think about my idea, and surprisingly many of Australian said it was a great idea.

Therefore I called Darwin City Council to get permission to offer two bouquet.

The person who organise the ceremony said 'No problem'

I went to the ceremony, and I was able to give two flowers peacefully.

By my appearance and also my manner, ( I bowed in Japanese way) it is obvious that I am from Japan, but nobody accuse or complain.

I really appreciate the way Darwin people treat me.

I asked my acquaintance to film the ceremony, and gave the video to ABC.

ABC interviewed me and broadcasted nationwide.

I had some negative feedback, which I expected, but mostly I got very good comment about what I did.

On 15th August, I am going back to Japan and visit Yasukuni Shrine, which commemorates Japanese soldiers who died for their nation.

However not many Japanese visit Yasukuni shrine because if people go to Yasukuni, other Japanese think that they are 'rightest' or 'militarist'

When Japanese prime minister went to Yasukuni, Chinese and Korean government accused Japan saying that Japan is hurting their countries people's feeling.

Japanese court sentenced it is illegal for Japanese prime minister to go to Yasukuni Shrine.

We don't go to shrine because Japanese solder did the right thing, we want to go there because they sacrificed their life for Japan.

This is the documentary I would like to make.

I believe it is good for Darwin too, because I've heard Darwin is forgotten as well.

The ceremony of the boming of Darwin wasn't broadcasted in the rest of Australia, and there are some people who don't know that Darwin was bombed even in Australia.

I hope this film get attention both from Japan and Australia, and many people visit the ceremony for 70th anniversary for the bombing next year.

I believe making by this film two nations will understand each other and improve the relationship with Australia and Japan.


These are the news on the net and TV.


http://www.abc.net.au/news/video/2011/03/02/3153526.htm

http://www.abc.net.au/news/stories/2011/03/02/3152453.htm


Sachi
posted by sachi at 09:41| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。