2011年02月25日

ダーウィン空爆式典

Bombing of Darwin.PNG1942年2月19日、日本軍はオーストラリア北部のダーウィンを空爆し、242名の方が亡くなりました。
毎年ダーウィンでは犠牲者を慰霊するために式典が開催されます。

今年の式典に、私は参加しました。

ここで亡くなったオーストラリアの方を慰霊するのが目的ですが、もうひとつ、この地に眠る日本兵の方にもお花を供えたかったのです。

日本では日本の為に戦った兵士は忘れられています。
こんな遠くまで来て、国の為に戦って命を落としたのに、彼らは忘れられているのです。
彼らは好きで戦ったわけではありません。
日本の為に戦ったのです。

東京に戦争で亡くなった戦士を弔う靖国神社があります。

でも、ここを訪れる人はほとんどいません。もし行ったら、軍国主義者の戦争賛美者だと思われるからです。

日本の総理大臣が靖国神社に参拝したときは、中国と韓国に非難されました。靖国神社は戦犯を祭っているため、参拝は中国人、韓国人の心を傷つけるからだそうです。

そのせいか、日本人は日本が悪い国だと思っています。
他の国は日本のことを嫌っていると信じています。
これは大きな間違いです。私がこの話をいろんな国の人にすると
「なんでまたそんな勘違いを?日本のことはみんな大好きだ。日本はとてもいい国だよ」
といわれます。


私はダーウィン市議会に式典参加の電話をしたときの会話を日本人みんなに聞いてもらいたいです。

私「式典に参加したいのですが」
担当者「どうぞどうぞ〜」
私「私日本人ですが大丈夫ですか?」
担当者「それがどうか?どうぞどうぞ〜」
私「ここで亡くなった日本兵の方にもお花を供えたいんですが?」
担当者「問題ありませんよ、どうぞ〜」

もちろんオーストラリアが戦争のことも、日本が空爆したことも忘れているわけではありません。
ただ、彼らは
「過去は過去、終わったこと、経験から学ぼう!」
なのです。

私は日本がこの前向きな未来志向の考え方を学んでほしいと表います。

オーストラリアにとっても、彼らがいかに寛容で前向きな国であるかを示すいいチャンスです。

私の式典参加は日本、オーストラリア両方の国にとってよいことだと信じています。



私は、日本兵、とりわけダーウィンの海に眠っている兵隊さんに同情の念を禁じえません。

オーストラリアの退役軍人と話をしたら、むしろ軍人同士の方が、国は違えど気持ちが通じ合うものだよ、といわれました。
ともに戦い、戦争がどんなものかをよく知っているからでしょう。

今年は、日本兵とオーストラリア兵がはるか空のかなたで、こんな会話をしてくれることを願っています。

「HEY!今年は日本人がお参りに来てくれるみたいだぞ。良かったな」

「ああ、ありがとよ!」




posted by sachi at 07:50| Comment(4) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。