2011年02月05日

日本はいつも話題の的

昨日コメディーに行ってきました。
Akmalと言って、オーストラリアではかなり人気のあるコメディアンらしく、満席。

舞台中、日本のこともジョークに使われていました。
オーストラリアでは、漢字や日本語を刺青するのがはやっていて、
まあ、それはそれは意味不明な文字が人の背中に書いてあります。
TATOOについては、他にも面白い話があるので、明日書きますね。

そうそう、そのコメディアンが舞台上で日本のことをねたにしていました。

オーストラリアの頭の悪そうな女性風に
「これって〜 日本語で〜 zenn 禅っていう意味なの〜、クールじゃな〜い?」
AKMAL「本当か? よーし日本人に聞いてみよう」
日本訛りの英語で「いや違う、これは‘変’だ」
見たいな感じでした。

もう、慣れっこですよ。
テレビでも、授業でも、日常会話でも、日本のことはいつも、話題になるのです。
みんな日本に興味があるのですから。

世界中には、あまり知られていない国がたくさんあります。

例えばタジキスタン出身の人と会いましたが、彼女は
「え、ウズベキスタン?」とか
「アフガニスタン?」
「どこのタン?」と聞かれることもしばしば。


日本の場合は説明は要りません。
これほど話題に事欠かない国は無いでしょう。
風光明媚、食べ物はいろんな種類があっておいしい、文化も武道から、絵画、書、漆などの工芸品も素晴らしいし、テクノロジーは超最先端で、日本がいなかったら世界は立ち行かないだろうし、その上、漫画やらアニメはファンキーだし、それなのに人々は礼儀正しく親切。
日本を知らない人はいないし、みんないいイメージを持っているのです。


そう考えると日本ってすごいんだなぁと改めて思います。
日本は自分達が思っているよりすごい国なのです。



:)


posted by sachi at 10:12| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。