2011年02月10日

日本のパスポート

オーストラリアで
「永住権持ってる」
というと
「市民権は取らないの?」
と聞かれることが多々あります。

「日本は二重国籍を認めていないから、オーストラリアの国籍とったら日本に帰るのにビザがいるから、もちろんとらないよ!」
と答えています。

多くの国が二重国籍を取れるので、友だちの中には旅行先で国籍を使い分けている人もいます。

友だち曰く、エジプトに行くのにはアメリカではなくオーストラリアのパスポートを持っていったほうが、チェックが甘い。
別の知り合いはイギリスとオーストラリア国籍ですが、ヨーロッパに行く時にはイギリスを持っていくといっていましたし。
インド人やフィリピン人は自分の国以外はもちろんオーストラリアのパスポートのほうが何かと便利。
入国の時だけでなく、パスポートを提示する場面がありますが、国籍によって扱いは微妙に違います。

みんな、楽しそうにパスポート自慢をしますが、私はちっともうらやましくありません。
だって日本のパスポートは最強だから。
(北朝鮮以外。でも行かないから気にしない!)
posted by sachi at 08:04| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

“日本の誕生日をお祝いしよう〜”プロジェクト

昨日から、2月11日に向けて“日本の誕生日をお祝いしよう〜”プロジェクトをFacebookで行っているんですが、なんと一晩で115名ものLikeがつきました。
ありがとう!!

きっといい写真が集まると思います。
http://www.facebook.com/pages/Supporters-of-Japan-ri-benno-ying-yuan-tuan-/167510633279000

今日にでも友達と写真をとって、サンプルとしてアップしようと思います。
皆さんもよかったら参加してください〜
posted by sachi at 13:35| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

ミッション

これを読んでいる方の中に海外在住の皆さんはいらっしゃいますか?
お願いがあります。
海外から日本を応援しませんか?

もうすぐ建国記念日です。
日本の誕生日をお祝いしましょう。

ミッション

1、地元のパブに行く。
2、外国人と一緒に日本の国旗を振っている写真を撮る。
3、Facebookにのせる

キーワード
 笑顔で!

アドレスはこちら
「Supporters of Japan 日本の応援団 」
http://www.facebook.com/home.php?#!/pages/Supporters-of-Japan-ri-benno-ying-yuan-tuan-/167510633279000

本当にパブに行かなくってもいいですよ。
友人ととった写真でもいいです、楽しそうであれば。
どうぞよろしくお願いします。

cheers,
posted by sachi at 07:19| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

刺青

日本語や中国語を刺青するのが西洋は流行っているらしく、以前こんなジョークを聞きました。

とあるバーで、アメリカ人が日本人に鉛筆を持って近づいてくる
アメリカ人「ヘイ、日本語で何か書いてくれないか?」
日本人「何かって何をですか?」
アメリカ人「漢字だったら何でもいいから」
日本人「ああ、何でもいいんですね?」

数日後、同じバーで
「イェー ありがとう、おかげでかっこいいタトゥーが彫れたよ」
彼の腕には‘鉛筆’と彫られていました。

この笑い話が浸透したのか、最近では意味不明の刺青は少なくなりました。

しかし、先日上下さかさまの刺青と、裏返しになって、解読するのに苦労した刺青を見かけました。
日本人にネイティブチェックはしたのでしょうが、最後の詰めが甘い!
彫り氏に渡すとき、うっかり上下逆さまにしたり、肌に転写するときに裏表逆にしたりしたのでしょう。

日本語をクールだと思って、一生消えない刺青として彫ってくださるのは日本人としても光栄でありがたいことなので、せっかくなら正しく書いていただきたいのです。

日本語の刺青を彫るときには、“表・裏”“上・下”を明記することをお勧めします。

posted by sachi at 18:09| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

日本はいつも話題の的

昨日コメディーに行ってきました。
Akmalと言って、オーストラリアではかなり人気のあるコメディアンらしく、満席。

舞台中、日本のこともジョークに使われていました。
オーストラリアでは、漢字や日本語を刺青するのがはやっていて、
まあ、それはそれは意味不明な文字が人の背中に書いてあります。
TATOOについては、他にも面白い話があるので、明日書きますね。

そうそう、そのコメディアンが舞台上で日本のことをねたにしていました。

オーストラリアの頭の悪そうな女性風に
「これって〜 日本語で〜 zenn 禅っていう意味なの〜、クールじゃな〜い?」
AKMAL「本当か? よーし日本人に聞いてみよう」
日本訛りの英語で「いや違う、これは‘変’だ」
見たいな感じでした。

もう、慣れっこですよ。
テレビでも、授業でも、日常会話でも、日本のことはいつも、話題になるのです。
みんな日本に興味があるのですから。

世界中には、あまり知られていない国がたくさんあります。

例えばタジキスタン出身の人と会いましたが、彼女は
「え、ウズベキスタン?」とか
「アフガニスタン?」
「どこのタン?」と聞かれることもしばしば。


日本の場合は説明は要りません。
これほど話題に事欠かない国は無いでしょう。
風光明媚、食べ物はいろんな種類があっておいしい、文化も武道から、絵画、書、漆などの工芸品も素晴らしいし、テクノロジーは超最先端で、日本がいなかったら世界は立ち行かないだろうし、その上、漫画やらアニメはファンキーだし、それなのに人々は礼儀正しく親切。
日本を知らない人はいないし、みんないいイメージを持っているのです。


そう考えると日本ってすごいんだなぁと改めて思います。
日本は自分達が思っているよりすごい国なのです。



:)


posted by sachi at 10:12| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

日本食は健康的

最近私は忙しいので、料理をする時間があまり無く、超粗食続きでした。

昆布でお茶漬けしたり、インスタントの味噌汁や、もやしをいためて食べたり。
あまりの栄養不足で、このままじゃいけないと思い、同居人に(オーストラリア人女性二人)
「もっと健康的な食事をする。このままじゃ体に悪いわ!」と宣言しました。

しかし、彼女達の反応は思っていたものと違いました。
ずいぶん健康的なものを食べていると思っていたらしいです。

確かに、海藻類は必要です。
たまに昆布を渇望するときがあって、体が栄養素を求めているんだろうなぁと思います。

それから味噌汁はなるべく飲むようにしようと思うのですが、つい忘れがちです。
なんといってもダーウィンは暑いので、、、
でも、日本にいるときと違って、大豆製品を自然に摂取することができないので(日本では、しょうゆや豆腐など、意識しないでも毎日食べている)あえて、大豆を食べないと体調が悪くなったりします。

こんなわけで、“しょうがなく”ありあわせのような食事をしているわけなんですが、それでも「日本食は健康」というイメージのおかげで、ちゃんとしたものを食べていると思われているようでした。

ああ、日本人でよかった。
posted by sachi at 08:15| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

Bombing of Darwin Commemoration Ceremony

On 19th February 1942, Japan attacked Darwin and 242 people died here.
To commemorate the souls of the victims, Darwin holds the Commemoration ceremony every year.

I am going to attend the ceremony this year.

I would like to put a wreath for Australian people who were killed, and I also want to offer flowers for the Japanese soldiers who died here.



Japan lost the war, so we don’t celebrate the war, but also we don’t commemorate soldiers, only civilians who died in the war.

We have a shrine in Tokyo, called ‘Yasukuni Shrine’ for the souls of dead soldiers who fought and died for Japan.

However people don’t visit it because if we do so, people might think you are a militarist who wants to celebrate the war and worship dead soldiers.

When our prime minister visited Yasukuni Shrine, we were accused by China and Korea. They insist the Shrine commemorate souls of war criminals, and that visiting shrine hurts their feeling. They think remembering dead soldiers is an indication that Japan is willing to start a war.

So nobody remembers soldiers in Japan.
They are forgotten.

I believe it is natural for any people and any nationality to want to visit a memorial site and wish for the fallen to rest in peace. We just want to acknowledge them.

But we can’t argue with those countries, because Japanese believe that Japan is a bad country, and that all other countries are still angry with us. In the minds of Japanese, everyone hates us because we are a bad country.

That’s what we are taught, and what we believe.


I wish I could tell all Japanese the reaction of the contact person from Darwin City Council. All of them would be so surprised and relieved.

I asked for the permission to attend the ceremony, and she said no problem.
I told her that I am Japanese, and she said no problem.
I asked if I can put wreath for Japanese soldiers, and she said no problem.

I believe this is good for Australia as well, because they can show how they are open and compassionate.

I know Australian people do not forget everything, but I believe they think past is past, learn from experience, and let’s get over it.

I expect Australian’s positive attitude will have a good influence on Japan.

So I believe that attending the ceremony is good for both counries.




I feel sorry for the soldiers especially who are still in the ocean around Darwin.

I talked with a retired Australian soldier and he told me soldiers might have more compassion to other countries soldiers even though they fought each other.


I hope this year, the souls of Australian soldiers and Japanese soldiers have a conversation up in the sky,
‘Hey mate, you got a visitor this year, good on you!’
‘Thank you mate!’

posted by sachi at 22:07| Comment(0) | English only | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダーウィン爆撃

2月19日、ダーウィンが日本軍によって爆撃された日です。
ダーウィンでは毎年この日に式典が開催されます。

今年は、私もこの式典に参加して、オーストラリア人、そしてここで亡くなった日本兵のために、花を供えてきます。

主催者であるDarwin City Councilにも確認したところ、問題ないとのことでしたし、私が話をしたオーストラリア人やそのほかの国の人のほとんどが賛成してくれています。

きっと、オーストラリア、日本どちらにとってもよいことだと信じています。








posted by sachi at 13:45| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

立つ鳥跡を濁さず

オーストラリアには立つ鳥跡を濁さずという考えは無いようです。

以前このブログで書いたんですが、賃金交渉の会議で、自分の給料の値上げばかりを話している人、彼(舞台技師)は昨日やめるといって、明後日には退職するそうです。
私達の会議は、ほとんどの時間を彼の賃上げの話に終始していたのに、なんと言う無駄。

それとは別に、私の上司もやめるのですが、なんと彼女が終わらせることができなかった仕事は、すべて部下である私をサポートするのに忙しかったせいで時間が無かったせいだと人に擦り付け、そのおかげで私のポジションは危なくなりました。

こちらでは、自己中心が当たり前なのです。特に仕事では他人を思いやる心は無いようです。
わかってはいるんですが、でもやっぱり目の当たりにすると驚きますし、悲しくなります。

しかし、そうそう嘆いてばかりもいられない。
違う国にいるのだから、しょうがない、その国のやり方に従わざるを得ないのです。

私のことは大丈夫です。
何とかします。
言うべきことは言う、戦うべきときは戦う、日本人を甘く見ちゃだめなんですけどね。



posted by sachi at 07:28| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。