2011年01月30日

幸運な国

オーストラリアでは、仕事を始めてから大学に戻ることは珍しくありません。
働きながらパートタイムで少しずつ単位をとり、何年もかけて卒業することも可能です。

多くの雇い主は従業員が新たな知識を得ることを積極的に応援し、試験休み、試験勉強休み、レポート準備のための休みをくれたりします。
自分の職業に関わるものであれば、学費を援助してくれたりする企業もたくさんあります。

オーストラリアは終身雇用ではありません。
学費を出してもらったからといって、恩義を感じずっとその会社にいる必要はないようです。

学費は日本に比べて安いと思います。
アルバイトをしながら自費で進学することは十分可能なのですから、物価等鑑みても日本より進学しやすい環境にあると思います。

オーストラリアは本当に恵まれています。
ただ、そのことをオーストラリア人は全然知らない。

友達と教育について話していたとき、
「オーストラリアは授業料を無料にするべきだと思うのよね」
「そうよね、みんなが教育を受ける権利を持つべきだわ」
これを聞いたとき、椅子から転げそうになりました。

私の心の声
“ちょっと待って、あなた達どれだけ恵まれてるかわかってる?
日本でこんな制度があったら、どれだけの人が大学に進学するか想像もつかないわよ、、、
こんな至れり尽くせりの国めったにないわ!"

中にいると自分がどれだけ恵まれているか気がつかないものなのですね。
日本と同じです。

オーストラリア人は天然資源と自然に恵まれ、とてもラッキーなのです。
それと同じくらい日本に生まれたことはとても幸運なことなのです。

自分達がどれだけ恵まれているか、そして人はいかに自分の幸運に気がつかないか考えてみるよい機会でした。







posted by sachi at 08:32| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。