2010年11月23日

仕事 − work

シンガポールに行ったときのこと。
オーストラリア人が不思議なことをいいました。
「お年寄りが働いているのに驚いた。 シンガポールは貧しい国じゃないのに」

どうも、西洋とアジアでは労働に対する考え方が違うようです。
西洋人にとっては報酬に対する対価として労働を提供する。つまり仕事とは苦しいものなので、その代わりにお金をもらう。
オーストラリアでは50代でリタイアを考えだす人もいます。お金がたまったら、後はのんびり自分たちのために時間を使うのが理想的だそうです。


アジア人はというと、もちろん無償で働くことはしませんが、お金だけでなく社会参加のために人は働くような気がします。特に日本人は、働くことによって社会貢献していることに意義を見出しているような。
ですから、年をとっても働けるということは、体も健康だし、自分が社会に役に立つ価値があるということの証明なので、うれしいことなのです。

私の祖父は91歳まで働いて、92歳でなくなりました。
私もリタイアなんてとんでもない、死ぬまで働きたいと思ってるんですが、オーストラリア人にわかってもらえるかしら、、、


When I went to Singapore to have a lecture of Cross management cultural management, an Australian made an interesting comment.

He said `I’m surprised to see many old people are working, even though Singapore is not a poor country.’

I was very surprised by his comment.
Seems like Westerners and Asian have different point of view on work.


I've been told that in Western countries, people exchange labor for reward, in short, people work for money.
In Australia, some people start thinking about to retire in their 50’I've heard it would be ideal if they can spend their time for themselves such as traveling, fishing, and volunteering so on.

For Asian, especially Japanese, work is a chance to contribute to community.
No one work for nothing, of course, but they enjoy taking part in society by working.
Therefore many Japanese appreciate to be able to work when they are old, because it means they are healthy enough and good enough to work.

My grandfather worked until he become 91 years old and died at the age of 92. I would like to work until I die ;)

posted by sachi at 07:35| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご紹介ありがとうございました

私がいつも読んでいるメルマガ、「心の糧・きっとよくなる!いい言葉」の中井先生がこのブログを紹介してくれました。おかげさまで、読んでくれている方の人数が増えました。


中井先生のメルマガは、優しい言葉でかかれていて、読むと温かい気持ちになります。
明るく、前向きに生きて生きたい人にお勧めです。


心の糧・きっとよくなる!いい言葉 
作家 中井俊已

http://www.mag2.com/m/0000141254.htm

中井先生どうもありがとうございました。


posted by sachi at 07:02| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。