2010年11月11日

日本人とイギリス人の違い - The difference between Japanese and English

日本とイギリスは島国で、ともに大陸に近くまあ似たような環境だと思います。でも、国民性はまるで反対だということに気がつきました。

イギリスは人口が増え、食料や土地が足りなくなって、植民地を求め全世界を開拓しました。一時期地球上のほぼ四分の一を植民地とし、今でもアメリカ、オーストラリア、カナダなどはイギリス人を祖先と持つ人が大多数を占めています。

それに比べて日本。同じように人口の過密に苦しみました。さて、困った日本、どうしたかというと、小さな家に住むことにしました。そしてすべてのものを小さくして、スペースを余すことなく使うことで解決しました。

自分たちで何とかしようとする内向きの日本の解決策と、外に解決策を求めるイギリスの違いに、国民性の違いがでてるなぁと思います。

Japan and England, both are small countries, and located near continents. It seems like they have similarities, but the nationality is quite different.


In England, due to the increase of population, they decided to explore, wanting for colonies. At one time, England colonized almost one forth of the land on earth! Still now, in America, Australia, Canada there are so many descendant of English.

On the other hand, Japan had shortage of space. So they decided to make their houses small. Beyond that, they learn how to use space efficiently. That's why all Japanese cars are small but cost effective, and has much space ;)

Japanese tried to solve their problem by themselves, in other words, they looked for the answer internally, but English found the answer outside.

It is very interesting to know the difference of two countries.
posted by sachi at 21:44| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。