2010年11月24日

No といえないのはどうして?


オーストラリアにきた当初は、何かものを頼まれても断ることができずに困りました。
そのうえ、どうしても助けが必要だったときにお願いをしたら、あっさり断られて軽くショックを受けたことをおぼえています。

日本ではNO と言う機会も言われた経験もめったにないので、慣れていなかったのです。

どうして日本でNOとはっきり断らずに生きていけるかというと、日本人は人に迷惑をかけることを恐れるので、簡単なこと以外ではめったに人にものを頼まないからです。
頼む場合でも相手の迷惑にならないか慎重に考えてから頼みごとをするから、そんなに無理難題を押し付けられた経験もあまりありません。
たまに面倒なことを頼まれたとしても、「ああこんなことを頼んでくるなんで本当に困っているんだろうなぁ」と考えて、多少無理してでも引き受けようとします。

この考え方でいると、外国で生きていくのはちょっと大変です。

大学の図書館で、授業が始まる前に教科書を開いて勉強していたら、「予習したいからその教科書貸して?」といわれました。
それも見ず知らずの人。
教科書を貸してというのだから同じ授業をとっているんでしょうが、私はその人のことをしりません。
このときはさすがにはっきりと NO!!ということができました。

日本では、そんな状況で頼む人はあまりいないので、びっくりしましたが、NOと言う練習ができてよかったとおもいます。

国によっては、「とりあえず頼んでみる、頼んでみて、うまくいったらラッキー、断られたらしょうがない。」と考えるようです。
だから、断られても気にしないし、いろんなことを軽い気持ちでたのんでくるのです。

そんな中で日本にいるときの調子でなんにでもイエスと言っていたら、体が持ちません。
断ることも必要なんだなあと学んでいるところです。
(でも、まだまだなんですけどね。)

日本人はとても親切です。
だからお金が有り余っているわけでもないのに、自分の子供の世代に借金してまで、外国に援助しているんですから。

私も日本人ですから親切です。
いろんなことをいろんな人から頼まれます。
ぜひこの、’日本人は親切’という評判は保ちたいので、できる限り頼まれごとには 無理をしない範囲で答えていきたいなと思っています。

:)

posted by sachi at 07:18| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

仕事 − work

シンガポールに行ったときのこと。
オーストラリア人が不思議なことをいいました。
「お年寄りが働いているのに驚いた。 シンガポールは貧しい国じゃないのに」

どうも、西洋とアジアでは労働に対する考え方が違うようです。
西洋人にとっては報酬に対する対価として労働を提供する。つまり仕事とは苦しいものなので、その代わりにお金をもらう。
オーストラリアでは50代でリタイアを考えだす人もいます。お金がたまったら、後はのんびり自分たちのために時間を使うのが理想的だそうです。


アジア人はというと、もちろん無償で働くことはしませんが、お金だけでなく社会参加のために人は働くような気がします。特に日本人は、働くことによって社会貢献していることに意義を見出しているような。
ですから、年をとっても働けるということは、体も健康だし、自分が社会に役に立つ価値があるということの証明なので、うれしいことなのです。

私の祖父は91歳まで働いて、92歳でなくなりました。
私もリタイアなんてとんでもない、死ぬまで働きたいと思ってるんですが、オーストラリア人にわかってもらえるかしら、、、


When I went to Singapore to have a lecture of Cross management cultural management, an Australian made an interesting comment.

He said `I’m surprised to see many old people are working, even though Singapore is not a poor country.’

I was very surprised by his comment.
Seems like Westerners and Asian have different point of view on work.


I've been told that in Western countries, people exchange labor for reward, in short, people work for money.
In Australia, some people start thinking about to retire in their 50’I've heard it would be ideal if they can spend their time for themselves such as traveling, fishing, and volunteering so on.

For Asian, especially Japanese, work is a chance to contribute to community.
No one work for nothing, of course, but they enjoy taking part in society by working.
Therefore many Japanese appreciate to be able to work when they are old, because it means they are healthy enough and good enough to work.

My grandfather worked until he become 91 years old and died at the age of 92. I would like to work until I die ;)

posted by sachi at 07:35| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご紹介ありがとうございました

私がいつも読んでいるメルマガ、「心の糧・きっとよくなる!いい言葉」の中井先生がこのブログを紹介してくれました。おかげさまで、読んでくれている方の人数が増えました。


中井先生のメルマガは、優しい言葉でかかれていて、読むと温かい気持ちになります。
明るく、前向きに生きて生きたい人にお勧めです。


心の糧・きっとよくなる!いい言葉 
作家 中井俊已

http://www.mag2.com/m/0000141254.htm

中井先生どうもありがとうございました。


posted by sachi at 07:02| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

ブログをはじめたわけ − The reason why I started this blog 

すべての人に好かれることは不可能です。
私のことを好きではない人も中にはいると思います。
だからといって私が’悪い人’というわけではありません。

日本の過去のことで、日本のことを嫌いな国や、嫌いな人がいます。
だからといってすべての国が日本のことを嫌っているわけではないのです。
日本がしたことに感謝している国もたくさんあります。
今現在も日本はたくさんの国を援助して、それらの国は日本のことが好きなのです。

私は日本人が日本はいい国と気がついてくれたらと思い、このブログをはじめました。
日本人は日本人であることに誇りを持っていいのです。

It is impossible to be liked by everyone.
I think there are some people who don't like me, but it doesn't mean that I am a bad person.

There are some countries and people who don't like Japan because of our history, and Japanese believe all other countries hate them.

We were taught in that way, and all masmedia report that Japan is hated, so they believe.

I want all people in Japan realize that Japan is a good country, and one day they proud of being Japanese.

posted by sachi at 07:40| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の宗教 − Japanese religion(s)

宗教のこと

外国人から、あなたの宗教は?と聞かれることが良くあります。
日本人の多くは自分たちが無宗教だとおもっていますが、実は私たちは二つも宗教があるのですから、堂々とそう答えていいのです。
私はいつも嬉しそうに(ここポイント)私たちは二つ宗教があります!と説明します。

日本の宗教は西洋と違って多神教です。一つ目は神道で、祭儀というか儀式のようなものです。簡単に言うと、すべてのものには神様が宿っている日本人が古来から持つ自然崇拝の考え方です。
その後、仏教が中国から伝来してきたのですが、もとから日本には神様はたくさんいるので、その上更にたくさんの仏様の数が増えたところで、そう変わりはしないので、日本は仏教を受け入れたので二つの信仰があるのです。本当は仏教の教えはそんなに簡単なものではないとおもいますが、何故日本人が二つとも受け入れたのかを理解してもらうために、このように説明するようにしています。

この、他の国ではちょっと信じられないような宗教に対する寛容な態度は、日本人の柔軟性をよくあらわしているとおもいます。そして、どうして日本が鎖国をしてまでキリスト教を拒否したのかも納得です。キリスト教は一神教で、他の宗教との共存は認めません。キリスト教を取り入れることは、日本人の一番の長所、柔軟性を失うことになりかねないのです。

私たちは神道と仏教をうまく使い分けています。仏教は物事の終わりを司るのに適しているので、お葬式や年末にはお寺に行きます。神道は始まりごとを祭るのがふさわしいので、新年や子供が生まれたときには神社に行きます。

「日本人は年末には宗教的にはとても忙しいんです。12月24日にはクリスマスパーティーを開き、12月31日にはお寺にいって、除夜の鐘をつき、1月1日には神社にいって、おみくじを引かなくちゃいけないのです。」というと、たいていの外国人が目をまるくします。
日本人の今があるのは、この”何でも受け入れてしまう”寛容さのおかげです。
二つも宗教があることを自慢しましょう!

Japanese religions

I've been asked by many people in Australia and was surprised because it is taboo to talk about religion in Japan.

So I didn't know how to say at first, but now I proudly say that we have two religions!

Original we had Shinto, which is more like a Japanese original ritual. We believe Gods are everywhere, if we see beautiful mountain, there must be a god, and if there is earthquake, the god of earth is angry.
Later Buddhism came down from China, and we didn't mind to have extra one because we already have many gods. I am simplifying the attitude of Japanese toward relitions, so the explanation of Budhism may not be appropriate, but this is the reason why we accept Budhism, because it didn't conflict with Shinto.

This attitude towards religion would be unbelievable for other countries people, but we are just too flexible. We accept everything, but Christianity. We closed our country for 210 years to reject Christianity, because we know Christianity doesn't accept to coexisence with other relition. If we accept it, we will lose our flexibility.

At the end of year, we are so busy "religiously". On 24th of December, we have Christmas party with Christmas cakes, 31st December we go to Budhist temple to pray for the past year, and next day on 1st January we go to Shrine to refresh for the new year.

It demonstarate how flexible we are and accept everything.
So I am proud that I have two religions.

posted by sachi at 07:34| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

武道 Martial Art

日本にはたくさんの武道があります。
柔道、剣道、空手、合気道、相撲など。
日本に武道がたくさんある理由は、逆説的に聞こえるかも知れませんが、日本人が戦うことを好まないからだと思います。
戦いにルールがなければ、相手が倒れて命をなくすまで戦わなければなりません。
でも、武道があれば、ルールがあるので相手に致命傷を負わせる前に勝ち負けを決めることができます。

私も武道をしていましたが、武道を始める人の中には喧嘩っ早そうな人が多いのは事実です
でも、強くなるにしたがって攻撃的でなくなり、戦うのは試合の時だけになるのが一般的です。
武道は人を好戦的にしたりしないのです。




Japan has many martial art. Judo, Kendo, karate, Aikido, Sumo.
People might think Japanese is agressive, but it is other way around.
We don't like to fight, that why we have many martial art.

If there is a rule in fight, people don't need to fight until opponent die.
Martial art can judge which one is the winner before they hurt each other, because of the rule.

Generally speaking, people who is interested in martial art like fighting as well. But once they start training, and get stronger, they become less aggressive, calm and eventually they fight only at tournament and competition. Martial art will not make people aggressive.
posted by sachi at 13:28| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本製 - Japanese products

日本人の中にも、オリンパスやキャノンが日本の会社だと知らない人がいるようなのです。
アメリカ人の中にはSONYはアメリカの会社と固く信じている人がいるらしいとか、
次にあげるのは全部日本の会社ですよ。
特にカメラはすごいですね。
オーストラリアで日本製以外のカメラは売ってるのかしら?買わないけど。
心の中でひっそりと自慢しましょう。

I've heard many people don't know Olympus or Canon are Japanese Company, even some Japanese don't know. I want to make sure that the following companies are Japanese.


SONY
Minolta
Olympus
Konica
Canon
Panasonic
Fuji Film
Pentax

Toyota
Honda
Mitsubishi
Mazda
Suzuki
Isuzu
Daihatsu
Nissan
Subaru





posted by sachi at 12:43| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

日本のセキュリティー Security in Japan



日本のセキュリティー全般をみて、外国人は”飾り?”と思うらしいです。
友人いわく、日本の鍵や門、柵は外部の人に対して”ここは入ってはいけないところですよ”と表示するためだけのものに違いない!と思えるほど役に立ちそうにないらしいです。
一方、外国では、防犯の目的はというと、入ってこようとする人を物理的に妨げることです。

ちょっと引っ張ったら引きちぎれそうな鍵や、軽くまたげそうな柵や門、固定されていない自動販売機などはどうぞなんでももってっちゃってくださいと言わんばかりで、外国人にはありえない光景に見えるらしいですね。

日本人の警備が薄い理由は、厳重に警戒すると人を疑っているように見えるので、周りの人に申し訳ないと思うからなのも原因のひとつでしょう。
日本ではお互いの信用が大事です。
だから日本は治安がいいのです。実際強盗の数はどこの国も日本とは比べ物にならないくらい多いですから。
この考え方はすばらしいし、私も日本人として誇りにおもっています。ただ、これは日本でしか通用しないのです。残念なことにほかの国は信用ならないのです。


国の警備に関する考え方にも、日本と海外では大きく違います。
日本の政治家や大臣が自衛隊を軽んじる発言が目立ちます。
自衛隊の方の士気を下げて、私たちは戦う気はありませんと言いたいのかもしれませんが、国を守っている人たちに対して無礼な発言だと思います。

日本人の中には、自衛隊があるから戦争が起こる可能性があるといって、自衛隊を廃止するべきと考えている人がいます。
自衛隊が無ければ日本はもっと安全な国になるというのが理由らしいですが、それでは周りの国にとっては何をしても反撃されない”安全な”国になるだけです。日本がそれで安全になるとは思えません。

近所に、自分の家族に明らかに敵意を持っている人が住んでいるのに、ドアを開けっ放しで寝ることはいくら日本人でもしないのではないでしょうか。
家だったら、治安の良い地域に引っ越すことができますが、国は動けません。
日本の周りには北朝鮮がいます。引越しはできないのです。
自分たちの安全は自分たちで確保するべきなのです。

自分の国の安全を確保することを外国に干渉されても気にすることはないのです。
家には鍵をかける。柵をつくる。当然のことです。
自衛隊の方が日本を守っていてくれているから日本は安全なのです。飾りではないのです。


When foreigners see Japanese security system, they think 'Do Japanese really think it is secured !?' Seems like all security goods such as keys, gates, and fences look like decoration purpose. My friend said 'Japanese security is mere explanation telling people not to come inside' but in other countries, the purpose of security system is to prevent anyone to break in physically.'

yes, now I notice all keys are very tiny and weak, fences are very low and seems like everyone can step over, or the gate looks very pretty, but useless to prevent any robbery.

It works for Japanese, but it doesn't work for non-Japanese... These days we have many gangsters from other Asian countries (because it is hard to distinguish), and they rob such as ATM machine by the way we never be able to imagine.

The reason why we are lax on security is we believe 'If we are heavily guarded, other people think that we don't trust others, and other people might feel bad' That's how we feel.
In Japan trust is very important. We trust each other and try to show and demonstrate that we trust others.
That's why Japan is safe and we have such a low criminal rate.
So it works well, but only in Japan.

Japanese have same idea regarding national security.
Many Japanese don't like Self Defense Forces, because we believe it makes look like we are warlike nation. They believe if we don't have SDF, Japan would be much safer...
Yes Japan would be such a safe country for North Korea or China, because they know Japan don't have army to defense.

Even many politicians have such an naive idea. A minister called SDF as a 'violence group'. I assume the purpose of his comment is to show other countries that Japan has no intention to start war. However this is such a disrespectful comment for someone who protect your country.

We wish we could move to safer area and stay away from those countries, but we can't. So we have to protect our country.

We have the right to protect our country. We don't need to worry about other people call Japan Militarism country, because we are not, and we've never been.
posted by sachi at 11:03| Comment(0) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

日本人は素直

私にはいろんな国の友達がいます。
その多くが冗談を言うのですが、私には通じないことがよくあります。何でも信じてしまうから。
こんなこと信じないだろうと思って冗談のつもりで言うのですが、私は「へ〜本当ですか」と答えてしまうのです。
ヨーロッパ人から「日本人は子供のように、何でも驚いて何でも信じる」といわれたことがあります。

こちらで気がついたことは、外国人は日本人に比べ、いろんなことを疑いながら日々の生活を送っているようです。
素直に人を信じられる社会のほうがどんなに暮らしやすいのになあと思います。

最初は私も、こちらの生活に慣れようとして、何がうそかどうか見抜こうとしたんですが、とても無理。
国によってなにが常識がが違うので、冗談やうそに聞こえるようなことが本当だったりするのです。

たとえは、「昼休みに美容院に言ってくるわ」、といわれたら日本人は冗談だと思いますが、オーストラリアでは普通だったりします。
フィリピンでは、「携帯電話を持っていたらしっかり持たないといけない。さもないと奪い取られるから!」
嘘でしょうと思うけれど、本当らしいです。

こんな調子で日本の常識と他の国の常識が余りに違うので、疑っていたらきりがないのです。
それに、そんなの嘘でしょう!と疑って実は本当だったら、相手もいい気分しないでしょうからね。
だからだまされることもあるけれど、これからも人の言うことは素直に信じようとおもいます。

素直が一番なのです。
いつか、外国の人もそのことに気がついて、そのうち日本みたいになったらいいなあと思います。
posted by sachi at 07:54| Comment(0) | Japanese only (日本語のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

日本は個性的 - Japan is a unique country



日本は、とっても個性的で、ものすごく変な国です。

日本で何か新製品や新発明が発表されるたびに、外国人たちは
「変」 「変すぎ」 「オンリー イン ジャパン!」(日本以外じゃありえない!)「どうしてあなたたち日本人はそんなユニークな発想なんですか?」
携帯用の音姫を見せたら、みんな大興奮でした。理解不能らしいです。

彼らの願いは、日本人がそのまま変なままで、いや更に変な方向に進化して、自分たちでは思いもつかないようなユニークで最先端のものを作り続けてくれることらしいです。

何かにつけ、オンリー イン ジャパン! はよく、言われますが、そういわれると嬉しくなっちゃいます。

日本人は個性がないと、自分たちのことを卑下しますが、国全体が超個性的なんですから、このままでいいんでは?
これで一人一人が個性的になってしまったら、収集つかないですからね、このまま’個性的な集団’でいきましょう。


:)


ブログの感想などを一言でも頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。







Everytime when Japan make new products or invent something weird, foreigners made comments such as

"strange" "very unique" "bizarre" "Only in Japan!" "Why you guys are so strange???"



I don't mind if they say things like that. Actually I like the phrase 'Only in Japan!', yes we are strange ;)




All foreigners want Japanese get stranger and stranger, and keep on producing weird stuff.



Japanese underestimate themselves because we believe all Japanese is the same, all bland.



It may be true, we are not unique individually, but Japan is a unique country as a whole.

If all Japanese become unique, Japan would be out of control!

So I am happy to be part of an individual country rather than an individual individual.

;)

posted by sachi at 06:59| Comment(1) | English (英語 & 日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。